11:30〜15:30 17:30〜23:00
定休日 日・祝
住 所
東京都渋谷区恵比寿1-7-12
最 寄 駅

JR山手線・東京メトロ日比谷線  恵比寿駅


*中華そば すずらん*
JR山手線だと西口を右へ行き、日比谷線だと1番出口を出たら左へUターン。「恵比寿駅前」の信号を渡らずに、交番を右に見て道成りに。1つ目の「恵比寿一丁目」の信号を渡って少し行った先にある右側のビルの1階で少し奥まってます。徒歩1・2分。

2003年5月に渋谷でOPENした「中華そば すずらん」が2014年10月2日に移転OPEN。
以前は白い外観で瀟洒な感じでしたが、移転後はちょっと高級感すら覚える格式高い様な入口ですね。店内はL字型のカウンターで11席ほど。後会計制です。

メニューは【叉焼麺 1350円】【角煮麺 1450円】【雲呑麺 1350円】【叉焼雲呑麺 1550円】【葱肉麺 1200円】【刷肉麺 1650円】【中華麺 950円】【胡桃担担麺 1550円】などに限定メニューや一品料理やお酒類など。


 

 

 

移転してからはお初。渋谷時代も限定メニューばかりでしたが、今回も季節限定の「土鍋麺」が、牡蠣・京鴨・鶏肉の3種があったので「地養鶏」を使ったものを^^

冬季限定土鍋麺
「鶏肉砂鍋麺
〜地養鶏の土鍋の煮込みらぁめん〜
               ・・・1950円

ちょっと奮発してみました♪
とはいえ、牡蠣と京鴨は2500円だったのでさすがに勇気が無く。。。(^^ゞ

待つ間にカウンターに置かれていた麺を見せてもらいました。全蛋麺・水雲麺・平打麺・紐皮麺・乱切麺・太麺などなど(←上の写真)
そういえば渋谷時代には、色んな麺を楽しませてもらったっけ〜なんて思いながら待っていると提供です。

客席側から回って来られて目の前まで運んでくれ、蓋が開けられます。スープはグツグツしていて鍋〈土鍋)を使う料理ならではの醍醐味を感じます(笑)
取り皿を出してくれたので、最初はソレを使って。鶏の滋味深いじわりとした旨味と味わいのスープ。風も強くとても寒い日だったので、美味しさが染み渡ります。
でも、やっぱりそのまんま食べたかったのでフーフーしながら土鍋から直に^^
麺は、すずらんで経営している?「龍製麺」のもの。細麺ストレートで滑らかな啜り心地。熱々なスープでもダレなくていいですね。
具は、麺の下の方から地養鶏のお肉が5・6切れと、三つ葉・白ネギ・柚子皮。鶏肉は弾力と噛み締め感もあって美味しい。三つ葉や柚子の香りが引き立ち、このシンプルさがいいんだな〜と思える一杯でした!

訪問日  2007年7月5日