17:00〜25:00
定休日 無休

住 所
東京都品川区小山3−6−21
最 寄 駅
東急目黒線 武蔵小山駅

*らあめん工房 じらい屋*
武蔵小山駅の東口に出たら左へ線路沿いに行く。右側にタバコの自販機があり、ちょっと広めの道を右に入った左側。徒歩3分位。

以前は夜のみの営業だったようですが、2006年の春頃から昼間の営業も始められたようです。
店内はL字のカウンターのみで7席。そのカウンターの角の所に小さな券売機が置いてあります。かな〜りこじんまりと言うか狭い店内。券売機の両脇はちょっと窮屈な感じかな^^;
店内に漂う香ばしい香りが食欲をかき立てます。

メニューは【JRA 700円】【じらい屋らあめん 650円】【味噌らあめん 650円】【塩らあめん 650円】【味噌キムチらあめん 650円】にちゃあしゅう増しが+250円。トッピングは【味つけたまご100円】【とりたま(醤油のみ)150円】【コーン100円】【バター50円】【メンマ100円】【もやし100円】【のり100円】【パルメザンチーズ100円】など。


「じらい屋らあめん」・・・650円
    +とりたま
(醤油のみ)・・・150円

カラスさんブログによると7月13日から夜のみの営業になるそうな。さすがに夜に武蔵小山までは行けないので、「とりたま」の食べ納めに行って来ました。

今日も店主は表情を変えずに黙々と営業されていました。
言い方が悪いかもしれませんが、めちゃくちゃ美味しい!という感じではないんですが、なんだかとてもクセになる味なんです。
3回来たにもかかわらず、毎回このメニューになっちゃいますし(^^ゞ
結構食べ応えがありながらも、毎度の様にスープの底に沈んだ鶏肉まで全部すくって食べきれてしまいます^^

訪問日 2007年7月10日
 個人的好み  


「じらい屋らあめん」・・・650円
    +とりたま
(醤油のみ)・・・150円

前回来た時は、次回は「塩の野菜抜き」にしてみようと思ってたのですが、無性にまたコレが食べたくなって行って来ました(^^ゞ
日曜と言うこともありご夫婦連れやカップルなども多く、しばし外待ち。中に入ると厨房にはオヤジさん一人でフル回転していました。

やはり今回もニンニクキカセで^^
ニンニクの食欲をそそる香りと、醤油とスープの甘味、玉ネギと鶏挽肉が何ともクセになる味わいです。
今回は丁度新しいチャーシュー を切ったところだったので、端っこの部分もちょこっとオマケに入っていて何だか得した気分(笑)
底に沈んだ鶏挽肉と玉ネギも残すのが勿体無くてスープと一緒に最後まですくって頂いて来ました^^

ちょっと違いはあるけれど、何となく札幌系の醤油ラーメンを思い出す味でクセになります。

訪問日 2007年4月22日
 個人的好み  


毎日のブログやHPめぐりの中で、最近カラスさんのブログで登場回数が多くて気になっていたので行ってみました。 ウチから距離的には遠いですが、目黒線〜南北線〜埼玉高速鉄道が乗り入れてるので東川口まで1本なので帰りはウトウトとお昼寝を楽しめました^^

「じらい屋らあめん」・・・650円
    +とりたま
(醤油のみ)・・・150円

実はウチに帰って来てからネット検索していて、2004年の「アド街ック天国」で「武蔵小山」の特集をしたHPでは、ご主人のお勧めは「じらい屋らあめんのニンニク抜き・油多め」と書いてあったけど・・・私はニンニクキカセ・油少なめで^^; トッピングには、醤油にしか注文できないという鶏挽肉と玉ネギを炒めた「とりたま」を。
見た目は濃くてしょっぱそうなお醤油色をしたスープですが、全然そんなことはなく「とりたま」の鶏挽肉や玉ネギの甘味、ニンニクの香味とあいまって美味しいスープ。ただ、スープそのもの自体の味はわかりませんが(^^ゞ それは今度「塩」の野菜抜きで試してみます^^
麺は浅草開化楼の中位のもので160gだそうな。結構食べ応えを感じました。
具はチャーシュー・穂先メンマ・かいわれ・ネギと、トッピングの「とりたま」。
「とりたま」は量もたっぷり。スープの底にもいっぱい沈んでいてついつい最後までスクッてしまいました。

訪問日 2007年2月5日
 個人的好み