11:30〜15:00 17:30〜20:00
土・日・祝 11:00〜20:00
定休日 金

住 所
東京都新宿区市谷薬王寺町1
最 寄 駅
都営大江戸線  牛込柳町駅

*中華そば 葉山
牛込柳町駅の東口に出たら左へ。すぐに道路に突き当たるので左へ曲がって1つ目の「市谷柳町」の信号を右へ。真っ直ぐ100mくらい進んだ先の右側。徒歩2分くらい。

2014年10月10日OPEN。
店主さんは山形の酒田の出身だそうで、子供の頃に食べていたというラーメンを再現?されたとか。
店内は、入って左側に券売機があり食券制。正面が厨房になっていて、その前の左側にカウンターが3席と右側手前に二人掛けのテーブル席が2卓。お水はセルフです。
おひとりで営業されており、提供直前に麺を青竹で打ち、手揉みも加えられ、丁寧に作られているので、ちょっと提供までに時間がかかります。

メニューは【中華そば(並) 680円】【中華そば(大) 720円】【中華そば(小) 650円】に、味玉増しが+100円、チャーシュー増しが+200円、全部のせが+280円に、トッピング類など。


仕事が早上がりだったので、先週末のリベンジで再び^^

「味玉中華そば(並)」・・・780円

麺量が小だと140gで並だと180gとの事。 お腹が空いてたので並盛で^^
3席のカウンターの右側に座ると、厨房との間に小窓がありますが作る工程を見て楽しめます。目の前で麺を青竹で打ち、手揉みが加えられます。これが珍しく評判にもなっているんですが、実は自家製の麺を作った後に青竹で打ち、手揉みをして冷蔵庫で寝かせておいて、再び提供前に同じ工程をされているんだそう。すごい手間暇というか麺へのこだわりが詰まってますね。
スープは、煮干しとアゴを使ったものだそう。香味油は、熱しておいた油に鰹節?をワサっと入れて香りを移したものが仕上げに注がれます。ブレンドされた魚介系の味わいがバランス良くて美味しいスープです。
そして、2度に渡って青竹と手揉みが加えられた麺はコシもしっかり。不規則で強い縮れが麺を啜る時に唇で跳ねる感じも楽しい。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・味玉・海苔。チャーシューは通常1枚ですが、昼の部と夜の部で1番目のお客さんには1枚プラスのサービスだそうで頂いちゃいました^^細切りのメンマはコリッコリと硬めで小気味いい食感で好きなタイプ。2枚付いている海苔は磯の香りがとても豊か。

訪問日 2014年12月10日