< 閉 店 >
住 所
東京都新宿区高田馬場4−17−17
東京都新宿区高田馬場4-13-10 へ移転
最 寄 駅
JR山手線・東京メトロ東西線 高田馬場駅

*麺屋 じげん*
高田馬場駅早稲田通り口から出て、早稲田通りを右に見ながら進み右手に「純連」をちょこっと通り越して左側にあるタピオカ屋さんの所を鋭角に曲がった右側。徒歩5・6分。

2006年12月24日OPENのお店。
入口脇の上の所にある看板に「麺屋」と小さく書いてある事でようやくラーメン屋さんだと分かります。 全面は大きなガラス張り。明るい木目のカウンターに、その上部を照らすライトには和風な感じのシェードが施されており落ち着いた雰囲気です。
店内は入って左手に券売機があり食券制。
L字のカウンター席のみで8席ほど。席と席の間隔が広くて女性ひとりでも大丈夫です^^

メニューは【らーめん 700円】【つけ麺 750円】で大盛が+100円。他には【チャーシュー300円】【穂先メンマ150円】【味玉100円】【白飯100円】【ゆで餃子(3ヶ)100円】


「らーめん」・・・700円

作り方を見ていたら醤油ダレとオイルを加えた後、2つの寸胴のそれぞれからスープを注いでました。ドンブリで合わせるダブルスープの様です。
そのスープは、ちょこっとだけ魚粉のザラザラ感があるものの魚介系が効いています。ベースの豚骨などの動物系が比較的あっさりなので思った程重くもなく飲みやすいスープ。
魚介系にはサバ節やいりこなどを使っているそうで、上に乗っている粉末はカツオのパウダーだとか。このパウダーを徐々に溶かしていくと一層魚介の風味が際立って来ます。
麺は中太の平たいもの。ぎゅっと詰まった感じのしっかりした麺で美味しい。
具はチャーシュー・メンマ・小松菜・白髪ネギ。
チャーシューは柔らか。メンマは短冊のもので食べ応えもあります。小松菜は生ではないようですがシャキシャキとしていて箸休め的が存在感が充分でいい感じでした^^

訪問日 2007年1月8日
個人的好み