11:00〜翌5:30
定休日  日
住 所
東京都新宿区歌舞伎町1−8−5
最 寄 駅
JR・東京メトロ  新宿駅 他

*麺武 虎龍(こたつ)*
JR新宿駅の東口を出たら、向こう側に渡ってアルタの隣りの三井住友とみずほ銀行の間の道を真っ直ぐ。靖国通りを渡ったらすぐ右へ行き、1つ目を左に。右側に新宿区役所を通り過ぎた少し先の左側。徒歩5分くらい。

2009年8月1日OPEN。
2009年1月に千石で開店し、事情により3ヶ月ほどで閉店してしまった「麺仙 葵賀佐」。その店主さんが再びその味を歌舞伎町で店名も新たに始動です。
食券制で券売機は入口外に設置されてます。店内は右奥に厨房があり、その前にL字のカウンターが6・7席と、壁に向うカウンターもあって10席ほど。

メニューは【味噌ら〜めん 850円】【塩ら〜めん 800円】【醤油ら〜めん 800円】【辛味噌ら〜めん 850円】【味噌つけ麺 850円】【辛味噌つけ麺 850円】に大盛や特盛など。トッピング類の他には【ライス100円】【ネギチャー丼350円】【チャーシュー丼350円】【マヨチャー丼350円】に【手作りプリン300円】。 

 

 

 

札幌系の醤油も好きなので、迷いましたが・・・味噌にしてみました。「油少なめ」もお願いできる様ですが、気づくのが遅く普通で。

「味噌ら〜めん」・・・850円

厨房とその前のカウンターが半分くらい仕切られているせいか、新宿という土地柄なのか? 「葵賀佐」の時に感じたニンニクの芳ばしい香りはしなかったかな。
表面の油の層で熱々なスープ。味噌の味わいは思っていたよりも大人しく柔らかな味わいでほんのりとした甘みが。いつもは油少なめで頼む事が多かったから油の量で印象が違うのかな。
麺は黄色味の強い中位の緩縮れのもの。茹で加減はやや固めな感じですが、違和感はないかな。
具は、チャーシュー・角切りチャーシュー・メンマ・もやし・玉ネギ・挽肉。ネギ。そしてチャーシューの上には擦りおろした生姜が。チャーシューは相当煮込んでいるのか、とろっと柔らか。チャーシューの煮汁?が徐々にスープに溶け込んでました。もやしや玉ネギはクタッとしていますが、スープの味を吸っていて旨いです♪ 擦りおろしの生姜は後半にスープに溶くと、キリッと引き締まった感じになって美味しかったです♪

「手作りぷりん」・・・300円

これは「葵賀佐」で食べたのと同じものかな?
卵を使わないで作ったというぷりん。甘さ控えめで、とろりとした食感でミルクの濃い感じが楽しめました^^
訪問日  2009年10月2日