< 閉 店 >
住 所
東京都新宿区高田馬場3−12−11
最 寄 駅
JR山手線・東京メトロ東西線他 高田馬場駅

*めぐさめんこ*
高田馬場駅早稲田通り口から出て、早稲田通りを中野方面に向かってずっと真っ直ぐ。
「二郎」や「ロイヤルホスト」と「純連」を過ぎて少し行った右側。徒歩4・5分。

2008年10月17日OPEN。
外観からも伺える様に、盛岡の「じゃじゃ麺」や「冷麺」をメインにしたお店。
ちょっと重い引き戸を横に開けて入ると、左側に店内が。カウンター3席に、2人掛け2卓と4人掛けが4卓。厨房は入口正面に仕切られたスペースで設けられてました。
ランチタイム(平日?3時迄)はご飯が無料でお代わり無制限だとか。

メニューは【もりおか冷麺 850円】【もりおか温麺 800円】【盛岡じゃじゃ麺 600円】【塩檸檬ラーメン 750円】【魚味さっぱりラーメン 600円】【キムチ納豆みそラーメン 900円】【納豆みそラーメン 850円】【みそラーメン 750円】の他、【ホルモン鍋定食 850円】【ホルモン鍋 700円】【チャーシューごはん350円】【みそおにぎい180円】など。


「塩檸檬ラーメン」・・・750円  

店内にはラーメンの写真が貼られていて、見た目に惹かれた「塩檸檬ラーメン」に。

スープの素材は何でしょう?じんわりとした淡麗系な味わいですが、深みは感じられないかな。
麺は黄色味のある中細の縮れの強いもの。意外と量が多目かも。
具はチャーシュー・細切りの白ネギ・メンマ・レモン。チャーシューはモモ肉の部位かな。脂身の部分は落とされたもので柔らか。白ネギは、ゴマ油と粗挽きの黒コショウで和えられたもの。スープに対してちょっと個性が強めに出ちゃうかな。メンマは程好い味付けと食感で美味しい。
最初はレモンと反対側のスープで食べてみて、少しずつネギを溶き入れて。そしてレモンのある場所へと食べ進んでみました。その最初のひと口はレモンの酸味が心地よくて新鮮だったんですが、その後はほんのり酸味の後に再び後味に酸味って感じでスープひと口で2段階に分かれた味わいが繰り返されるのにちょっと飽きたかな^^; 冷しだったら美味しいだろうと思いました。

訪問日  2008年12月4日C