11:00〜15:00 17:00〜23:00
土・日・祝 11:00〜17:00
定休日 無休
住 所
東京都新宿区市谷田町1-3
最 寄 駅
JR総武線他 市ヶ谷駅

*麺や 庄の*
JR市ヶ谷駅を出たら左へ。市ヶ谷橋と外堀通りを渡ったら右へ行き、マクドナルドの脇の道を左に曲がって少し先右側。徒歩3・4分。

2010年11月にこちらへ移転。
以前の店舗よりも150mくらい市ヶ谷駅に近くなったかな?
入口を入って左側に券売機があり食券制。食券機の隣には両替機も置いてあって便利です。 店内は奥に長い造りになっていて、右側が厨房でその前にカウンターが14席ほど。

メニューは【らーめん 730円】【味玉らーめん 830円】【特製らーめん 930円】【肉盛らーめん 1030円】【つけ麺 780円】【味玉つけ麺 880円】【特製つけ麺 980円】【肉盛つけ麺 1080円】などの他、創作メニューやトッピング類や【葱ごはん150円】【卵かけご飯180円】【炙りちゃーしゅー丼250円】などなど。


7月末まで「庄の」グループ5店舗で開催していた『らーめんラリー』。5店舗を一度ずつ食べて一周なんですが、それを8周達成して【創作食材指定権!】というのを友人が得てプロデュースした一杯。
その友人とは、「超らーめんナビ」ユーザーだったらご存じかと思いますが、「県境住人」さんです^^ 「竹岡式」とは、千葉の富津の「梅の家」発祥のご当地ラーメン。それをチョイスしたあたりなかなかマニアックですね(笑)

11月14日〜2週間 昼夜各10食限定
「ネオ竹岡式らーめん」・・・920円

仕事帰りに行って外待ちをしていると、その本人が登場してビックリ(笑)

友人特典で味玉が付き、薬味増し(後から別皿)で。
スープは濃いお醤油色をしていますが、しょっぱくはなくマイルドな味わい。秋刀魚をコンフィし、チャーシューのタレに入れてちょっと焦がしを入れてお湯割りしたスープ(かな)。 ふわりと香る秋刀魚の香りが新鮮で、まさしく「ネオ」という感じ。
麺は中太の縮れの強いもの。本場では乾麺を使いますが、個人的にはその縮れの強さが竹岡式の顔の一部でもあるイメージです。
具は、チャーシュー・薬味(玉ネギ)・糸唐辛子。チャーシューだけで200gもあるというボリューム。柔らかく煮こまれていて味も美味しい♪ 個人的にはお肉の脂身が不得手なので後半ちょっと重かったですが^^; 薬味の玉ネギはシャキシャキとした食感と辛味が小気味よく、アクセントになります。

訪問日 2014年11月19日

 

携帯サイト「超らーめんナビ」とのコラボでもあるメニュー。
この日の夕方、ツイッターを見ていたら庄野店主のツイートを見て、「そういえば、しばらく鰻食べてないな〜」と無性に食べたくなってお邪魔です(笑)

7月22日〜8月31日 14時以降の提供
「うなとろ重(麺)」・・・980円

「超らーめんナビ」のチケットが麺を提示するとトッピングがちょっと豪華になる様ですが、すっかり忘れて普通に注文で通常バージョンです(^^ゞ

内側が黒く、外側が朱塗りの2段のお重で提供です。
重なっているお重の上には、チャーシュー・メンマ漬け・白髪ネギ・半熟味玉が半分と、レンゲに入れられたトロロが。そして、下の段には鰻の蒲焼きオンザ麺が(笑)
麺は、ピロピロとした縮れのある平打ちのもので、煮干しの味わいと香り、そして麺自体のほんのりとした甘味を感じるもの。麺にまとった刻み海苔の磯の風味ともいい相性。
そしてウナギ。何年振りだろう?お高い事もあり、なかなか食べる機会ってなくて^^;ふんわりと柔らかで甘めのタレが美味しいです♪
メンマ漬けは、コリコリと食感が良く紅生姜を思わせる味付けでいいアクセント。
半分ほど食べたところで、レンゲのトロロを麺のお重へ。まず最初に柚子の香りが爽やか。そして、トロロをまとったウナギや麺がヌルヌル&まろやかな味わいになって食べるスピードに勢いが(笑) 最後は「一口ごはん」をもらって、残しておいたウナギで〆ました^^

訪問日 2013年8月2日