< 閉 店 >
住 所

東京都新宿区西早稲田3−20−2

最 寄 駅
JR山手線・東京メトロ東西線 高田馬場駅

*麺屋 RYOMA*
JR高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田通りを神楽坂方面に向かい明治通りと交わる「馬場口」の交差点も渡り、そのまま少し行った先の左側。徒歩10分ちょっと。

新井薬師にある「RYOMA」の2号店が2007年11月25日高田馬場に「麺屋」として開店。
店内は入って右側壁沿いに待ち用の長いベンチがあり、その向い側に二人掛けのテーブル席が3・4卓。奥の右側にもテーブル席があり厨房は一番奥に設けられていて、その前にカウンターが4席。後会計制です。

メニューは『塩』が【ラーメン 680円】【うめ玉ラーメン 780円】【エビワンタンラーメン 1080円】【トリチャーシューラーメン 930円】【Wネギラーメン 930円】【塩つけ麺(麺200g) 680円・麺300g 780円・麺400g 880円】で、『塩鰹』味だと+70円になります。
他には高田馬場店のみのメニューの【Sioトマトラーメン 800円】【Sioトマトラーメン(モッツァレラチーズトッピング) 900円】【塩坦々ラーメン 1000円】があります。
※2008年5月12日から定休日が月曜に変更になります。祝日の場合は営業で翌日休みだそうです。


東海から来京した某店店主おふたりと一緒に2軒目に。
3人で「塩ラーメン」「塩鰹ラーメン」「Sioトマトラーメン」を頼んで食べ比べ。私は主にお気に入りの「Sioトマト」を。 サービスの「洗いめし」は辞退しました^^;

「Sioトマトラーメン」・・・800円
モッツァレラチーズトッピング・・100円

トマトたっぷりで熱々のスープ。 今日はトッピングで菜の花が乗ってます。
スープをそのまんま飲んだり、チーズを溶かしてみたり、レモンを絞ってサラダ菜の上に乗せておいて、かかっている緑のタバスコにつけて鶏肉を食べた後スープに浸したりと色んな味わいが楽しめます。
塩と塩鰹は細麺か太麺が選べますが、こちらは太麺になっている様。太麺と言っても丸い断面のものではなくて平打ちの麺。特にチーズの溶けたスープによく絡みます。

ご一緒した両店主は柔らかな鶏肉に目をつけた様です(笑)

訪問日 2008年4月21日

↓は通常価格。今日はオープン記念価格の500円で頂きました^^

「Sioトマトラーメン」・・・800円
モッツァレラチーズトッピング・・100円

注文はもちろん高田馬場店限定メニュー。
盛り付けや彩りもきれいで、見るからにトマトがたっぷり〜って感じ。
まずは 最初にレモンをサラダ菜の上で絞っておきます。
そして脇の方からスープを。まさにトマト〜って感じでベース自体は塩気は控えめ。そしてチーズの周りはとろけたチーズがスープに少し塩気を足すのと、スープがとろ〜っとしてコクもプラスされます。サラダ菜の上には緑のタバスコもかけられているので、途中でサラダ菜をスープに浸すと、レモンの酸味とタバスコのふんわりとした辛味も加わって味変が楽しいし美味しい^^
麺は平打ちでコシのある麺。スープとの絡みもいい感じ。
具は、鶏肉・サラダ菜・チンゲン菜・モッツァレラチーズ・レモン。1コまんまのホールトマトも入ってました。齧り付きましたが熱かったので崩して食べました(笑) 鶏肉は岩手の「みちのく赤鶏」のムネ肉だそうで、まるでササミのような柔らかな食感で旨い♪

「洗い飯」のサービスもありましたが、気が付けばスープが無い^^;きっとリゾット風になって美味しいんでしょうね。。。次回こそは(^^ゞ

訪問日 2007年11月26日
個人的好み