24時間営業
定休日 無休

住 所
東京都新宿区高田馬場2−8−3
最 寄 駅
JR・東京メトロ東西線他 高田馬場駅

*末廣ラーメン本舗*

JR高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田通りを神楽坂方面に向かい明治通りと交わる「馬場口」の交差点の手前、ドコモショップの少し先左側。徒歩6・7分。

以前は大久保で営業されていましたが、2006年3月に閉店。2009年1月16日場所を高田馬場に移して再びOPEN。
「昭和四年屋台の味」と謳う秋田市に本店があるお店。店内にある案内によると、京都高ばしの「新福会館」に作り方を教わったとか。
入口は一番右側の引き戸の様です。開けるとすぐに券売機。その隣には給水器も置いてありお水はセルフ。店内はL字のカウンターのみで9席ほど。

メニューは【中華そば 680円】【末廣塩中華そば 680円】【末廣塩バター 730円】【あさり醤油 880円】【あさり醤油バター 930円】の他、【ヤキメシ500円】【ヤキメシ1/2 300円】【バターライス250円】【半バターライス200円】など。


思いついて行ったので大久保時代に何を食べたか覚えてませんでしたが・・・帰って来て見返してみたら前回も同じようにメンマのトッピングをしてて笑えました^^;

「中華そば(並)」・・・680円
          +メンマ・・・100円

店内には「麺を蒸すので10分ほどかかります」との表示がありましたが、そこまで待たずに提供されました。
デフォでは、薄切りチャーシューとネギのみですが、サービスでドンブリに盛られたネギが置いてあります。

油を変えたのかな?特徴でもある濃いお醤油色が油の隙間に見え隠れしてます。
スープは豚骨がベースで白濁はしていないもの。味が濃そうですが意外とそれほどしょっぱくなく食べられます。ただ、後から喉が渇きますが(笑)
麺は中細のストレートなものでスープを吸って茶色っぽ色をしてます。
具は、チャーシューとネギとトッピングしたメンマ。チャーシューは薄切りしたものが何枚も。程好く柔らかで脂身がついてないので多くても食べ易い。メンマはコリッとした好みの食感のもの。量も結構あってお得感を感じました^^

「ヤキメシ1/2」・・・300円

具には、細かくほぐしたチャーシューとネギと卵入り。 色は濃いですがしょっぱくはなく、油のまといも若干多目ですが、程好くパラバラ。
中華そばのスープを飲みながら頂きました。

訪問日 2009年3月15日