11:30〜15:30 17:00〜21:30
定休日 日
住 所
東京都新宿区新宿1-32-15
最 寄 駅
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅

*麺や庄の gotsubo*
新宿御苑駅の2番出口を出たら左へ数歩行き、またすぐ左へ。真っ直ぐ250mくらい進んだ先の左側。徒歩3・4分。

2013年2月16日OPEN。
市ヶ谷にある「麺や 庄の」の「二丁目つけめんGACHI」に続く3店舗目のお店で、「ラーメンを食べる人にこそ野菜を食べて欲しい」?というコンセプト。 季節によって使う野菜が変わるそうでです。
店内は、一歩入ると正面に小さい券売機が置いてあり食券制。左側手前が厨房で、その前にカウンターで6席ほど。

メニューは【ベジつけ麺 950円】【玉つけ麺 850円】【つけ麺 750円】【肉つけ麺 1050円】【辛ベジつけ 980円】【辛玉つけ 880円】【辛つけ 780円】【辛にt九つけ 1080円】に、【十五穀米ゴハン 100円】【TKG卵かけゴハン 200円】【ちゃーしゅー丼 250円】など。
そして、【つけベジ 880円】【つけベジプラス 980円】は夜の部のみ数量限定。


 

OPENの2月16日の前に行われたプレオープンに行ってみたんですが、すっごい行列&進まない列に断念^^;
その後、色々と提供形態などを変更されたりしたそうで、そろそろ落ち着いたかな?&つけベジが食べたくて仕事の後に。

「ベジつけ麺」は、つけ麺に季節の野菜が彩りよく添えられたものですが、夜の部の数量限定の「つけベジ」は、「麺」ではなく「野菜」をつけダレにつけて頂くもので麺は無し。
「つけベジプラス」にすれば、ちょこっと盛りの麺がプラスされます。
 

「つけベジプラス」・・・980円

この日は、春野菜バージョンのラスト2日前。
24日からは夏野菜バージョンになるそうな。

まずは先にお野菜のお皿が。
向こう側には、麺の代わりに?もやしと千切りキャベツが茹でられたものがこんもりと盛られ、水菜・紫キャベツ・ネギ・鞘付きのミニトマトが飾られたもの。
手前には、グリンピースと新じゃがを使ったディップの上に、ニンジンの細切り・緑と黄色のズッキーニ・アスパラ・パプリカ・味玉・赤芯大根?が並び、チャーシュー・紫玉ネギ・カブ・レモンなどが所狭しとお皿を彩ります。
つけダレは、ゴボウ・鶏・煮干しを使ったものだそうでドロリとしたもの。生クリーム?の白と、パセリの緑もきれい。濃厚な鶏白湯にゴボウの香りや旨み、そして煮干しも濃厚でほんのりとニンニクの香りもあり、味わいはマイルド。
野菜の持つ食感や味わいの違いを楽しみながらも、ディップで食べたりつけダレにつけて食べたり。特に、つけダレで野菜を食べるとまるでバーニャカウダの如く。というか、ソレよりもライト感覚でバクバク食べられるかな?
「プラス」の麺には、大根の葉の茎と刻み海苔が飾られてます。むちっとしたコシのある太麺で、そのままつけ麺として食べてもいいし、野菜をお供に一緒に食べてもいいですね。

野菜や麺を食べ終えると、つけダレは1センチくらいの残量。「生姜と鶏のスープ」を足してくれます。先ほどまでとはガラッと変わってサラッとなったスープが、いい〆になります^^

訪問日 2013年6月21日