東京都新宿区市谷田町1-3 へ
< 移 転 >
住 所
東京都新宿区市谷左内町1
最 寄 駅
JR総武線他 市ヶ谷駅

*麺や 庄の*
JR市ヶ谷駅を出たら左へ。市ヶ谷橋と外堀通りを渡ったら右へ行き、マクドナルドの脇の道を左に曲がって少し先左側。徒歩3・4分。

2005年9月にオープンしたお店。
ご店主は無類のラーメン好きだとかで、素材などにもこだわり化学調味料は使っていないそうです。
店内は入った左側に券売機があり食券制。奥に細長く伸びるカウンターのみで12席。
軽快なJAZZがBGMに。お店の方の感じも良く、 女性ひとりでも入りやすいお店ですね。

メニューは、こってりとあっさりが選べる 【らーめん 730円】【特製らーめん 930円】と【つけ麺 780円】【特製つけ麺 980円】に【創作らーめん 980円】に、【水餃子 180円】【卵かけ御飯 180円】【炙り叉焼丼 280円】など。


 

 

 

  

 

実に4年半ぶりです^^; お店の見た目に雰囲気がかなり変ってますね。(以前はコチラ
ラーメン派なのでつけ麺は殆ど食べませんが、知り合いから10月の限定で出しているメニューが紫だからと←の写真添付でメール&報告が(笑) 提供初日に食べに行った別の知り合いのFILEさんブログで、思わず「麺を天地返ししたい」と書いた所、最初に連絡をくれた知り合いが本当に店主さんに頼んでおいてくれたとか(笑) そんな訳でワクワクしながら行ってみたんですが、生憎店主さんがお店に出るのは夕方からだとか・・・一応伝えてみたんですが、他にもお客さんがいた為上手く説明できず&伝わらず^^;

10月の限定
「秋のあじわいつけ麺」・・・980円

見た目には、デフォで提供している盛り付けの方がきれい&美味しそうに見えますね^^;

まずは麺をそのまんま。中太の平打ち麺で滑らかで啜り心地のいいもので、もっちりとしていながらもコシがあって両方の食感が楽しめます。
つけダレは、「あっさり」のスープがベースかな?秋らしく、しめじ・エノキ茸・なめこなどのキノコが和のテイスト&旨味を引き立てています。
具は、叉焼・温泉卵・サツマイモの素揚げ・細切り海苔・紫色のソース・薬味。
紫色のソースは、紫(さつま)芋に山芋?を合わせたもので、ほんのりとした甘みがあり、そのまんまで食べてみると山芋のトロリとした粘度が麺にすっごく絡みます。つけダレにくぐらせるともっと水分を父君でトロリ感が倍増。
温玉を溶いてそのまんまで食べてみると、まろやかな味わいに変化。いろんな食べ方を楽しんだ後はスープ割りを。
小鍋に移して、こってりの方のスープを入れてくれるみたいです。
先ほどの味わいとはガラッと違った濃厚な動物系の味わい。温玉を混ぜた麺をつけた時の名残か、卵の白身が固まって思わぬ具が追加?(笑) ただ、割ってもらったにしてはかなり塩気が強めでした^^;

訪問日 2010年10月15日

「鶏の塩」(3月の限定)・・・900円

前回来た時にカウンターに張ってあった月変わりの創作メニューの写真。お野菜が美味しそうだったので再び訪問。
25食位を目安に作っているそうですが、実際の提供数は18食位だそうです。

具材が別皿で出されます。具材は少しずつ入れて食べて下さいとの事。
ネーミングからしてすっかり鶏白湯のスープかと思いきや、見た目醤油の様な色合い。
味は・・・鶏?というよりはスープの表面にも細かいのが浮かんでいる節系の味の方が強いかな。旨みがぎゅっと詰まっていて、味わいのしっかりしたスープです。
具は炙りチャーシュー・味玉半分・茹でたグリーンアスパラと春キャベツ。チャーシューはちょっと小さくて寂しいけど芳ばしくて美味。アスパラも食べやすく筋なども処理されているし、キャベツも甘みがあって美味しい。
ただ、麺の方に入っている柚子、大きめなのに香りが殆ど感じられなかったような・・・

訪問日 2006年3月17日
個人的好み  

「特製らーめん(こってり)」・・・880円

夕べどこにしようかと悩んでいたら、知り合いが薦めてくれたので即決。 丁度手持ちの東京ウォーカーを眺めていたところだったので^^

あっさりも気になりましたが、お腹が空いてたのでこってりで注文。
スープは豚骨などを白濁するまで煮込んだものに魚介系の効いた、濃厚かつ凝縮〜って感じ。コラーゲン質たっぷりっていう印象の少しトロミというか粘度のあるしっかりしたスープです。
具はチャーシュー・メンマ・味玉半分・ネギ・糸唐辛子。チャーシューは軽く炙ってあって芳ばしく柔らかで美味しい。味玉も美味。
麺は三河屋製麺の中細ストレートのものだそうで180gとの事。そんなにあった?と思うくらいあっという間に食べ終わりましたが、満足感は充分でした^^

訪問日 2006年3月8日
個人的好み