11:00〜14:00
定休日 日

住 所
東京都新宿区弁天町20
最 寄 駅
東京メトロ東西線  早稲田駅

*自家製中華そば としおか*

東西線の早稲田駅の1番出口を出たら左へ。道成りにずーっと真っ直ぐ進み、4つ目の「弁天町」の信号を右に渡ってすぐに右へ曲がった所の左側。徒歩5・6分。

2015年5月18日OPEN。
高田馬場の神田川沿いにあった「べんてん」。建物の取り壊しなどの理由?により、2014年6月28日で惜しまれながら閉店。
そちらにいらした方がその味を来襲し独立OPENされたというお店。「弁天町」という名の交差点近くの場所というのも修行先に因んで?等と、噂があったりも。
店内は入って右側に仕切られた製麺スペースがある様。左側手前に券売機があって食券制。正面が厨房で、その前にカウンターが8席。

メニューは【ラーメン(並・中) 800円】【つけ麺(並・中) 850円】【塩ラーメン(並・中) 900円】などに、玉子・メンマ・チャーシュー・チャーシューメンマ増しのものなど。他には【ラーメン(小)700円】【つけめん(小)750円】【塩ラーメン(小)800円】。

麺量は、並盛250g・中盛350g・大盛650g・特盛1000g・小盛150gとなっています。


OPEN初日から行列の凄さだったり、話題などを見かけていたお店です。
少し落ち着いてからと、先月に行ってみたんですがちょっと遅めのお盆休みでした^^;
(店舗写真はその時のものです)
台風の影響で電車の運行が不規則でしたが、リベンジを♪

「塩ラーメン 並盛」・・・900円

1時半頃の到着で並びは8名くらい。
事前情報であまり回転が良くないとの事だったので本を読みながら待っていましたが、意外とスムーズ? 「塩ラーメン 小」と迷いながらも「中盛」にしてみました。
厨房では淡々と作業を進める店主さん。
都度都度レンゲで味見をしたりと細かな作業。提供時には「味の濃い薄いがあったら言って下さい」と、「べんてん」の時にも言われた一言が。

スープは、鶏ガラや豚などの動物系に、魚介などの節系も効いたもの。
麺は自家製の丸い段麺の中太なもの。スープとも良く合っていて美味しい麺ですね。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・針生姜・辛味・海苔。チャーシューは大振りでいい感じにホロリと柔らか。たっぷりのネギや針生姜が香味のいいアクセントになっていて、麺が多めでも飽きずに食べ勧められちゃいます♪

訪問日 2015年9月10日