11:30〜21:00
定休日 水
住 所
東京都新宿区百人町2−19−11
最 寄 駅
JR総武線 大久保駅 ・ JR山手線 新大久保駅

*麺屋 優創(ゆうさく)*
大久保駅から行きました。
大久保駅の北口を出たら、すぐ前の信号を渡って右へ。1つ目の信号の手前の細い路地を左へ曲がって真っ直ぐ。突き当たりの左側手前。徒歩4・5分。

2010年1月26日OPEN。
店名は「ゆうそう」ではなく「ゆうさく」と読むんだそう。
ご店主は元フレンチの出身の方だそうで、外には【フレンチの魚介のスープのように材料を惜しまず、手間を惜しまず本格的なスープを「本気」で作りました!】と書かれており、店舗左上の大きな看板にも「本気のラーメン」と大きく掲げられてました。
店内は入って右奥が厨房でその前にL字のカウンターで10席と、その後ろ側に小上りで2卓ほど。後会計制です。

メニューは【魚介味噌ラーメン 880円】【魚介醤油ラーメン 850円】【豚骨醤油ラーメン 680円】【豚骨和出汁醤油ラーメン 700円】にトッピングで【チャーシュー200円】【ねぎ150円】【味玉100円】【コーン100円】【もやし50円】に【ライス100円】【半ライス50円】など。


「魚介醤油ラーメン」・・・850円

スープは、蟹や海老などの甲殻類の他にも魚貝類を使ったというもので、すっごく濃厚な甲殻類の芳ばしい味わいがします。表面のオレンジ色の油も恐らくそれらを炒めて香りを味わいを移したものでしょうか。油っこさは感じず、とにかく濃厚な味わいでインパクトがあります。
麺は、「こだわりの平麺」と書かれていた様にちょっとパスタのフィットチーネを思わせるようなもので、 スープの乗りも良く、啜り難いけれど食感も良くてパスタちっくな感じが面白い。
具は、海老・アサリ・ワカメ・海苔。
開店当初は海老は殻付きのものだった様ですが、剥き身のものに変ってました。プリッとした剥き身の海老の食感も良く、濃厚な甲殻類のスープにワカメの違ったタイプの磯の香りがいい感じ。海苔もスープに浸して食べると違った磯の香りがして、いろんな魚貝系の味わいが楽しめる一杯です。

残ったスープはそのまま飲み干しましたが、思わず半ライスを頼んでリゾットでも楽しんでみたかったです^^

訪問日 2010年2月6日