11:30〜14:30 17:30〜21:00
定休日 日・祝日
住  所
東京都墨田区両国2−11−1
最 寄 駅

JR総武線・大江戸線 両国駅


*まる玉*
JR総武線両国駅の西口の改札を出て少し進むと広い道と交差するので左へ。突き当たりの「両国二丁目」の信号を右へ行くと次に「両国一丁目」の信号。その右手前の角。徒歩4・5分。

川口市にある「まる玉」のご主人の弟さんがやっておられるお店だそうです。
「手動」と書かれたドアを開けると、L字のカウンターが10席とテーブル席が1卓。
店内は川口のお店と同様壁によしずが張られています。
元ラーメン王の石神氏が2005年は鶏白湯が流行ると、雑誌やメディアなどでも何度か紹介されたお店です。(個人的には埼玉県人なので川口のお店の方が親しみがありますが。。。)

メニューは【まる玉らーめん 680円】【角煮入り】【チャーシュー入り】【 あおさ入り】【青ネギ入り】【味玉子入り】【生からし入りなど。


目指してたお店が昼の部のみ臨時休業。
なので、かな〜り久しぶりにこちらへ^^

「まる玉らーめん」 ・・・680円
       +「おむすび」・・・100円

いつも、生からし入りやレモンを使ってましたが、今回はシンプルに「まる玉らーめん」を。
黄色味がかった白湯スープ。サラリとしていますが、鶏の味わいが濃厚です。
麺はストレートな細麺。茹で加減は指定も出来る様ですが、そのままでも丁度いい加減。
具は、チャーシュー・あおさ・青ネギ。チャーシューは巻き肉タイプのもの。薄切りではありますが、甘めの味付けでホロリと柔らか。あおさの磯の風味もいい感じ。ただ、川口のお店のものなども含めて比べてみると、全体的に具のボリュームが少し寂しくなったかな。

おむすびはワカメご飯と塩むすびの2種があり、カウンターの上に置かれてたので、ワカメご飯の方を。気持ち固めの炊き加減のご飯に、控えめな塩加減とワカメの味わいが。
スープをお供に頂きましたが、残ったスープに入れて雑炊風にしても楽しめそうでした。

訪問日  2014年8月7日

「生からし入り」 ・・・650円

普通のらーめんにしようかと思いながらも、川口のお店で食べたのと同様「生からし入り」を注文。
骨が砕けるまで煮込んだという鶏白湯のスープは濃度が濃く、まろやかでコクがあります。生からし(タイ産の赤・青唐辛子に香辛料やナンプラーを加えたものだそう)の辛さがなかなか刺激的でクセになりそう。辛さがある為か、逆に鶏の甘味が引き立つ感じ?
麺は縮れの強い細麺。ちょっと見にはインスタントの袋麺のものみたいですが、以外にもスープとの相性は良くて美味しい。
具はチャーシュー・あおさ・青ネギ。 チャーシューはバラ肉の部位で柔らかで甘辛くて美味しい。あおさは前回川口のお店に行った時、トッピングで追加したところ多すぎて食べ難かったので、私にはこの位が丁度良いかな。
カウンターに揚げにんにくと揚げ赤ねぎが置かれているので、途中で入れてみるのもいいかも。

2年前に川口のお店で食べた時は、ちょっと具材が物足りなく感じましたが・・・好みの変化のせいか今回は充分に満足な一杯でした。

訪問日  2005年9月7日