18:00〜翌1:30
定休日 土・日

住 所
東京都墨田区向島5−20−4
最 寄 駅
東武伊勢崎線 曳舟駅・京成線 京成曳舟駅

*麺 酒処 らん亭*
ちょっと遠回りになりますが・・・
東武伊勢崎線の曳舟駅の改札を出たら右へ出て、すぐ道路に行き当たるので再び線路沿いに右へ。少し行くと左手に小さ〜い公園があるのでその手前を左に曲がる。水戸街道に突き当たったら道路を渡り左へ直進。SUZUKIのバイク屋さんの手前を右へ曲がって真っ直ぐ行き、右側に「言問小学校」のある向かいの路地を入った左側。徒歩10分くらい。右下の写真の看板が目印です。

2006年7月24日に開店。
神田小川町にある「支那そば きび」の姉妹店だそうです。夜のみの営業でお酒も楽しむ事ができます。
お店は2階建ての普通の民家を改装したもので、玄関で靴を脱ぎ下駄箱へ入れて上がります。左手にトイレ、右側が部屋になっていて半畳の畳が9枚の4畳半スペースにちゃぶ台が2つ。板の間にカウンター席が5席ほど。2階にも部屋があるようです。
柱時計が時を刻み、BGMはラジオ。何だか懐かしいような雰囲気もあり、まったりと過ごせます。

麺のメニューは【中華そば(醤油・塩) 600円】にチャーシュー増しが+250円。【つけめん(塩味のみ) 750円】。
おつまみメニューは、スープ餃子・おでん・おつまみチャーシュー・まぐろぶつ・じゃこおろし・板わさ・練うに・浅漬け・枝豆・冷トマト・プロセスチーズ・韓国のり・缶詰各種。



「中華そば 塩」・・・600円

スープは透明で麺の1本1本がよく見えます。あっさりとしていながらも旨味がしっかりと感じられ、塩梅も丁度良く美味しい。
麺は太く平たいもので緩いウェーブがあり、喉越しのいい麺。
具はチャーシュー・メンマ・青菜・ネギに、白ゴマと一味唐辛子がかかってます。チャーシューはバラ肉の部位で小ぶりですが2枚入ってます。柔らかで味付けも美味しい。

訪問日  2007年1月19日