11:00〜24:00
土 9:00〜24:00
日 9:00〜22:00
定休日 無休

住 所
東京都立川市錦町1−2−16 
                立川アーバンホテル1F
最 寄 駅
JR中央線他 立川駅 ・ 多摩モノレール 立川南駅

*にぼぶら 鏡花*
JR中央線の南口に出たら左前方の階段を降りて左へ。少し歩いたところでやや右上の方を見ると「アーバンホテル」が見えるのでソコの1階。徒歩3分位。

2009年9月19日グランドオープンした「たま館」。「いつ樹」@羽村の定休日に営業しているセカンドブランドの「青樹」 ・横浜家系の「武蔵家」@吉祥寺・「麺処 井の庄」@石神井公園・「らーめん愉悦処 鏡花」@立川の4店舗で構成されています。
入口を入ると間隔を置かれた券売機が4つ。入口手前左右両脇と奥にも左右に厨房がありその前にカウンターが各店舗ごとに設けられています。 「にぼぶら 鏡花」ではコの字型のカウンターが12・3席くらいかな?オープンスペースになっているので、入る時や食べ終えて出る時など全部のお店の方が声をかけてくれるのも心地いいです^^

メニューは【背脂薄口醤油ラーメンぶらぶら 650円】【背脂煮干し濃口醤油ラーメンにぼぶら 700円】【背脂煮干し味噌ラーメン味噌ぶら 750円】【ぶらぶら丼 350円】などにトッピングで【チャーシュー増しシングル150円】【チャーシュー増しダブル250円】【キャベツシングル60円】【キャベツダブル100円】【味玉100円】など。


本当は1月末までだったんですが、2月末まで提供が延長された限定メニュー。

2月末までの限定メニュー
「一期一会にぼぶら編」・・・950円

スープは、八戸産の天日干しの煮干を使い、阿波尾鶏やチェリーポークなどを使ったものだそう。鶏などの軽やかな味わいをベースに煮干のキリッとした風味と味が効いたスープ。
ぷかぷか浮いた背脂の甘みもいい感じ。
麺は、「さぬきの夢2000」という粉を100%使ったという中太のもの。もっちりとした食感でスープの乗りも良くて美味しいな〜
具は、チャーシュー・メンマ・つみれ・ミョウガ・ネギ・海苔。 チャーシューはしっとり柔らか。つみれは、鶏の挽肉に軟骨を混ぜたコリコリとした食感もありますが、食べるとイワシの様な味わいがしてギャップが面白かったです^^

訪問日 2010年2月25日

日曜ですが、夕方4時頃だったのでどのお店にも空席があってすんなり座れました。

「背脂煮干し濃口醤油ラーメンにぼぶら」
   ・・・700円+キャベツS・・・60円

「東京ライト豚骨」に、煮干が効いて背脂の浮いた新潟の「燕三条系」を独自にインスパイアしたという「昭和背脂復興」な一杯。

スープは煮干の風味と味わいがふわっと効いたもの。想像では煮干がもっと前面に出てるのかと思ってたんですが、強すぎず物足りなさ過ぎずに程好い加減でした。プルプルとした背脂も甘みがあって美味しい。
麺は中細のストレート。するするとした啜り心地でスープとの相性もいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・ナルト・ネギにトッピングしたキャベツ。
チャーシューは程好い柔らかさで、メンマはコリコリとした食感。トッピングのキャベツは軽く茹でられたものでタレがかかってたので、スープが薄まる事なくシャキシャキとした野菜の摂取も出来ました^^

訪問日 2009年10月11日