ラーメンスクエア出店の為
<休業中>
住 所
東京都立川市曙町3−22−15
最 寄 駅
JR中央線  立川駅  他

「‐天然食導‐Ozy'sDining魚魚Toto」改め
         「魚魚☆R」(ととあーる)に

JR立川駅の北口に出て、駅を背にして「立川通り」を進む。1つ目の信号「曙橋」を渡ったらすぐに右へ曲がってそのままずっと真っ直ぐ。2つ目の信号を越えた少し先の左側。徒歩10分位。

ラーメン屋さんではなくて、美味しい野菜と魚をメインにした夜営業のダイニング。 使う素材には徹底的にこだわり、完全無化調で無添加なものを使用されています。
すーぷ麺のベースは鶏だそうですが、魚介系は夜の部での仕入れによって日々変わるそうです。

※夜は「‐天然食導‐Ozy'sDining魚魚toto」として営業していますが、麺類も食べられます。


2010年9月9日

知り合いに呼び出されて立川まで(笑)
小平から移転しての「3周年記念キャンペーン」をしてました。
夜の部の「‐天然食導‐Ozy'sDining魚魚toto」へお邪魔しました^^


9月9日のごっつぉメニュー

お通し

バゲットとレバーペースト
ペーストに入ったセロリの香味がツボでした^^

メニューにないけど、生で食べるとうもろこし
甘くてみずみずしくて旨い♪

お刺身盛り合わせ
青鯛・金目鯛・秋刀魚・本鮪スナズリ

Ozy流ポテトサラダ
茹で卵入り〜

豊後どりの竜田揚げ
カリッとしていて中はジューシー♪

グジ(甘鯛)の酒蒸し
淡白な味わいですが、美味しかったな〜

お刺身にした後の秋刀魚の骨を焼いたもの

再び・・・バゲットとレバーペースト を

「黄金の塩らーめん」の冷やし

ベースは丸鶏100%のスープ。それに活け貝の
エキスをプラスしたという「黄金の塩らーめん」の
冷やしバージョン。
※盛り付けは数人で味見出来る様に少し大盛です。

「モツ二郎」

ネーミングや見た目は二郎インスパイアっぽいですが、
岩手の酒匂産の自然放牧に近い環境で育ち、 年間16頭しか入手しないという「花子」(こちらのお店での呼び名)を使った豚骨スープを使いもつ煮が乗ったもの。

「黄金の塩らーめん」をミニサイズ&かけで

暖かいスープの方が貝の味わいが出ると聞き、
ミニサイズで作ってもらいまいした。

訪問時に提供していたらーめんは・・・

【黄金の醤油らーめん 700円】
【味玉らーめん 800円】
【お子様らーめん(小学生以下) 380円】
【黄金の塩らーめん 750円】
【特製 鯛らーめん 1000円】

【弓削多醤油の純なま醤油つけ麺 880円】

 


2軒目の後、近くでお茶してたら知り合いから召集され、立川まで。
夜の部なので「‐天然食導‐Ozy'sDining魚魚Toto」の時間です。
4人が集まり、一人は腹ごなしに食べ、他3名は飲んだ後の〆に頂きました。
  
↑同行者の注文したすーぷ麺達。
真ん中と右はメニューにはなく、わがままを言ってイレギュラーで作ってもらいました^^;
左「醤油すーぷ麺(鶏鯛湯)」
中「醤油すーぷ麺(鶏鯛湯)のかけらーめん」
右「活け貝の恵 汐すーぷ麺」に鯛スープを効かせてあるかけらーめん
「活け貝の恵 汐すーぷ麺」
  +鯛スープ効かせのかけらーめん
            +紫トッピングのミニ

飲んだ後に食べたので、詳しいレポは省きますが・・・

鶏の他に貝類を使ったという「活け回の恵 汐スープ麺」のスープに、「醤油すーぷ麺」に使ってる鯛出汁を効かせ気味にしてみたというスープ。この日は鶏にアローカナを使ってみたんだそうな。いろんな旨味が詰まっていてゴクゴクと飲めちゃうくらい好きな味(笑)
知り合いも汐すーぷ麺のかけでしたが、ちょこっともらって味見。紫玉ネギの香味があるのとないのでは随分と印象が違ってて、食べ比べが面白かったです^^

夜の部のお料理はもちろん美味しいんですが、今年は「すーぷ麺」を頑張ってみるとの事。
鮮魚を使ったアラ出汁や貝類の出汁は大好きなので、いろんな「すーぷ麺」を作って欲しいな〜と思います♪

訪問日 2010年1月14日

日曜は定休なんですが、「2009年夏生まれの会&夏が好きな感じの方々の飲み会?」と
いうのが開かれる事を聞きつけ、 冬生まれですが参加して来ました^^

メニューはこんな感じ

ちょっとだけ遅れて行ったので、 既に食べ尽くされた
さんま焼きや サバ焼きの端っこをつまみつつ・・・
オーガニックビールや日本酒・焼酎などを 飲みながら・・・
わかさぎ唐揚げ・オコゼ唐揚げ・カレー・ 糸瓜と鶏の天ぷら・のどぐろの煮付け
皮はぎの肝付き刺身・太刀魚&フエダイの刺身・ 本マグロの刺身やスナズリなど。
散々飲み食いした後(写真は割愛^^;)に〆でラーメンが(笑)
飲んだ後に食べたので、コメントは簡素に^^;
ちょっと紫のアテも出して頂き・・・

「大えびのっけまぜそばDEマヨマヨ」

隠し味のソースもいい感じ。

「活貝の恵み汐すーぷ麺」

塩ラーメン食べたいと言ったのが2名だったので
2杯出て来ましたが・・・取り皿が出て来たので
シェアしたら・・・自分の分が残らず・・・^^; →

「活貝の恵み汐すーぷ麺」その2

自分用にもう一杯作ってもらったら・・・
紫玉ネギが盛られてました(笑)
スープは、ハマグリ&イタヤ貝&あわびを
使ったという貝の旨味がたっぷりで旨〜♪

「鰹箱けずり醤油すーぷ麺」

鰹けずり箱で削った鰹節を使ったもの。
香りがあってすっきりとして美味しいスープ。

「花子の背油ちょーど煮干しつけ麺」

甘みのある背油が以外にもいい感じ^^

裏メニュー?の「味噌すーぷ麺」

味噌の旨味もあるけど、あっさりな味噌スープ。
う〜ん こちらはもうひとひねり?

「TKG」(玉子かけご飯)

やっぱり〆はこれ♪  知り合いにTKG
(玉子かけご飯)の達人がいたので・・・(笑)
訪問日 2009年8月30日

美味しい野菜と魚で飲んでみたくて、知り合いと3人で夜の部へ行って来ました。
って、本来はこっちがメインなんですけどね(笑)

「予約席」ではなく、「yae様」と書かれた紫玉ネギが置かれてました(笑) こういう遊び心が嬉しいです♪

この日の「本日のごっつぉ」
日替わりなので、毎日手書きされているそうです。

お通し
ネギも旨いが、真ん中のふき味噌がめちゃ旨〜

本日の旬菜サラダ
紫アスパラも入れてくれました♪

ウニ箱盛り
知り合いが頼んだもの。こんな贅沢初めて^^

本鮪のスナズリ
一切れ一切れが大きくて食べ応えありました。

魚神(のどぐろ)のお造り
柚子胡椒と食べました。

塩もつ煮込み
塩気がはっきりめでお酒が進みます(笑)

ヤガラ唐揚げ
お店に飾ってある細くて長くて大きな魚の唐揚げ

いしるに漬けたサヨリの干物
店主と初対面の知り合いが頼んだ裏メニュー(笑)
「つけ麺」
通常は5玉を使った「へぎつけめん」なんですが、
話の勢いでこの後いろいろ食べさせてもらえる事になったので、2玉で。
赤酢を使ったというつけダレはかなり酸っぱめ。
店主の好きな卵かけご飯
レタスと醤油だれで食べるのが好きなんだそう。
その言葉を聞き逃さず、作ってもらっちゃいました。
ゴマ油も効いていて、新鮮な味わいでした。
背脂醤油豚骨?
『本日のスペシャル』で出したメニューかな?
スープは、花子(前回のレポ参照)の骨を入手したとかで作った豚骨スープ。それに、いつものアラなどで摂ったスープに煮干を加えたというもの。
臭みのない豚骨スープがまろやかで、カリッと揚げてある背脂が美味しい。
濃厚塩豚骨?
こちらは、豚骨スープそのまんまに岩塩を加えたというもの。豚骨だけのシンプルな味わいがいい感じ。
食べた事ないですが、角煮と生のキャベツが「桂花ラーメン」みたい?なビジュアル。
角煮も花子使用だそうです。
訪問日 2009年4月18日

デフォメニューの他の『本日のスペシャル』は、「湯麺」「担々湯麺」とWBC優勝セールの「アサリ塩すーぷ麺」。

本日のスペシャル
「担々湯麺(タンタンタンメン)」
               ・・・1500円

シンプルに「湯麺(タンメン)」も気になりましたが・・・岩手の酒匂産の自然放牧に近い環境で育ち、年間16頭しか入手しないという「花子」(こちらのお店での呼び名)という豚が気になって、その挽肉を使ったという担々麺と合体させた【坦々湯麺】に^^

出て来た「担々湯麺」は彩りも綺麗。
今日のスープの魚介は、真鯛・黄羽太・本鮪・鰹だそう。
野菜は100%有機なものばかり。 今日の野菜は、チンゲン菜・白菜・キャベツ・ニンジン・紫玉ネギ。たっぷり入っていて、野菜自体が持つ素朴な美味しさを堪能出来ます♪
麺は前回と同じ平打ちのもの。
中央に載ってるのは肉味噌。挽肉の他、八丁味噌や酒粕やザーサイ等などを使ったものだそう。この肉味噌が溶けた時に丁度いいように素のスープの味を決めてるとの事でしたが、肉味噌を溶く前でも端っこの方からすくったスープはまろやかで野菜の旨味もある美味しいスープ。徐々に味噌の味わいが加わっていく過程の変化も楽しい。全部 溶かし終わってもしょっぱくなり過ぎずにドンブリの底の挽肉も残らず拾えました。ピリッとした辛味はてっきり花椒かと思いきや、オーガニックのスリランカのホワイトペッパーだそうでビックリでした〜

訪問日 2009年3月26日

 

 

 

 

 

 

巡回しているブログで見かけたお店。
とても惹かれて、いろいろ食べてみたくなったので知り合いを誘って行って来ました♪

本日のスペシャル
「でっかい蛤のせ塩すーぷ麺」
               ・・・980円

夜のダイニングのメニューも日替わりですが、それに伴い昼の部でも限定メニューが提供されている様。なので、本日のスペシャルの2つの内からこちらをチョイス^^

スープは鶏をベースに魚介系を使ったものだそう。今日の魚介は生で入荷したという甘エビを使ったもの。それにプラス蛤のダシが。
あっさりながらもとてもじんわりと滋味深い味わいで美味しい。香味油はゴマ油かな。最初はゴマの風味はなくてもいいかなと思ったけど、飲み進むうちにいいアクセントに。スープを飲んだ後くらいに舌に感じる塩の尖りがちょっと気になったかな。
麺は平打ちのもので何となくパスタっぽい印象も。同行者の話によるとカナダ産の有機栽培小麦を使ったものではないかとの事。麺をすくった瞬間に、岐阜の「信濃屋」を思い浮かべましたが、食感はもっと中華麺寄りになってます。
具は、大きな蛤・半熟味玉半分・白髪ネギ・刻みネギ・青菜は小松菜かな?蛤は身がふっくらジューシー。ネギや青菜は野菜の素朴な甘みと旨味が楽しめます。味玉も玉子自体の味わいが濃くて美味しい♪

たっぷり温やさい(有機)・・・300円

←の写真は二人前です。
トッピングなので本来はすーぷ麺の上に乗せられるようですが、別皿でお願いしました。
野菜達はナチュラルハーモニーのもの。
ちょこっとだけすーぷ麺に乗せてみましたが、そのまんまで食べても茹で野菜の甘みや旨味が素朴に感じられて美味しい♪

ラーメンの食べ歩きを重ねてみて・・・野菜たっぷりのラーメンもいいですが、こういう風に温野菜の小鉢がサイドメニューで食べられるといいな〜って思います。

「神果卵の玉子かけゴハン」・・・680円

ご飯は自然栽培のササニシキを七分搗きしたものだそうで、胚芽の部分の黄色味があります。
卵は、殻の色がうっすらとブルーグリーンがかった色合いのもの。「神果卵」という希少なものだそう。
ご飯にくぼみをつけて、卵を割り入れ、周りのご飯を卵にかぶせて軽く蒸した後に醤油をかけて混ぜるのが美味しいとお勧めの食べ方だそう。
同行者が頼んだものを味見させてもらいましたが、ご飯の炊き加減と甘み、そして卵の濃厚さとお醤油の旨味が絶妙でした〜♪

「R20 天神囃子アイス」

夜に提供しているメニューだそうですが、昼の部でも用意があればお願いできるみたいです。
「天神囃子」というにごり酒を使ったアイス。アルコール分は飛ばしてあるそうですが、一応R20(二十歳以上)の指定で、車の方はご遠慮下さいとの事(笑)
濃厚な酒粕というか、日本酒の風味がすごいです。ちょっとクセになりそう^^

「特製すーぷ麺」・・・1000

こちらは同行者が頼んだもの。
スタンダードな「スープ麺」にバランス良くトッピングが加わったものだそう。
ベースのスープは、同じく鶏に魚介(今日は甘海老)を使ったもの。私の食べた「でっかい蛤のせ塩すーぷ麺」 と比べると、甘海老とお醤油の甘みが感じられてまろやかで優しい味わいでした。
今度はひとりで一杯を堪能してみたいです^^

週3日営業で1日20食限定・・・
行く方からみるとハードルが高いですが、お店側からしたら専用の寸胴などもなく「1日20食限界」って言ってた言葉がとても印象的でした〜(笑)

訪問日 2009年3月5日