11:30〜20:00
定休日 月

住 所
東京都台東区雷門2−7−6
最 寄 駅
東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線・他  浅草駅

*中国手打拉麺 馬賊*

東武伊勢崎線から行きました。
「雷門通り」を「国際通り」に向って行き、「浅草一丁目」の信号を左に曲がって真っ直ぐ。1つ目の信号を通り越した少し先の左側。徒歩5分位。

日暮里にもお店がありますが、こちらが本店の様です。
小麦粉を練った麺の素?を台に叩きつけたり両手で上下に振って何本にも増やしていく中国方式での手打ち麺を提供しているお店。
一度に何人前かの麺が出来るため、入店のタイミングによってはその実技が見れない時もあるようです。
店内は入口左側に麺内のスペースでその奥に厨房。右側にはカウンター代わりのテーブル席や壁に向って座る席など様々で15席ちょっとくらい。

メニューは【拉麺 600円】【めんま拉麺 700円】【わかめ拉麺 700円】【みそ拉麺 800円】【担々麺 800円】【チャーシュー麺 900円】【チャンポン麺 900円】【タン麺 900円】【やきそば 900円】【つけ麺 600円】 【馬賊つけ麺 1100円】など。


お店の場所を発見した時に窓越しに麺を打ってる姿が一瞬。私の前のお客さんの注文で打たれた麺でした。

「タン麺」・・・900円

スープは、鶏ガラや豚骨などの動物系でしょうか?炒めた野菜の甘みがいい旨味を出してます。気持ち塩梅は濃い目かな?
麺は、大部分が中太くらいのもの。もっちりとしていながらもしっかりとコシというか、小麦の密度がギュっと詰まったようなコシのある食感。手打な為極太の平たいものや細〜いものが混じっていて食感の違いが面白い。
具は、キャベツ・もやし・玉ネギ・ニラ・ニンジン・豚肉・きくらげ。もやし率が高いですが、キャベツもそこそこ入っています。ニンジンやニラは彩り程度ですが、スープの白色に映えてきれい。意外と食べ応えがあって、野菜を噛む咀嚼で途中にお腹いっぱいって感じますが、野菜だからこそ食べられちゃったりします^^

訪問日 2009年3月22日