10:00〜翌5:00
定休日 無休
住 所
東京都台東区上野5-10-14 御徒町ラーメン横丁
最 寄 駅
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅
JR山手線  御徒町駅  他

*中華そば・餃子 チラナイサクラ*
JR御徒町駅南口の改札を出たら右側にUターンして、高架沿いに真っ直ぐ7・80m進んだ先の右側。徒歩1分くらいで、既存の「御徒町らーめん横丁」よりも1本通りを越した場所に3店舗が新たに。

2014年12月11日OPEN。
長野に拠点に構えながらも、東京の春日で「魚雷」や「烈士洵名」等々を展開する塚田氏率いる「BOND OF HEARTSグループ」のお店です。店名には、今年惜しくも逝去された佐野氏と北島氏に対する深い想いが込められています。
店内は入って右側に券売機があり食券制。左側が厨房になっていて、その前にカウンターが2区切りあり10席くらい。右側にはテーブル席も何卓か。壁には、人々を苦悩から救い、あらゆる願いを叶えるという如意輪観音とい菩薩様を中心に描かれた壁画が色鮮やか。BGMはお琴の音色、女子のユニフォームは浴衣と何とも個性的な和の空間です。

メニューは【中華そば 750円】【究極の特選チャーシュー麺 1200円】【王様の中華そば 750円】【雲呑麺 900円】【旨玉中華そば 850円】【鶏と貝のつけ麺 850円】【魔法のギョーザ 300円】【季節の限定ギョーザ 500円】【深川めし 300円】【鶏そぼろめし 300円】などに限定ラーメンなど。


 

 

 

 

宇都宮にある「花の季」。自家栽培した新小麦の麺を使った「小麦ヌーヴォー」が今年も開催。 前半の部へは行けなかったので、後半のコチラへ^^

「レモンサワー・ウーロンハイ」・・・各400円
「ポテトフライ・ナススの揚げ煮し」
               ・・・各300円

おつまみメニューの中から、2品を選んで麺の前にちょい飲み^^
ほんのりとニンニク風味のナスの揚げ浸しが美味しく、ポテトフライは揚げたて熱々のうちが美味しいですね。お値段手頃ですが、ひとりで食べるには量が多いかな。

8月3日〜9日
11:00〜・18:00〜 各10食限定

「チリベーコンの冷製パンプキン麺」
               ・ ・・1200円

色んな意味ですっごい一杯です! 
ドンブリというか器は以前「魚雷」で「NAKED」の時に使ってたものですね。 そしてカボチャのスープのちょっとオレンジがかった黄色が色鮮やかで、中央にデーンと乗った具の存在感とインパクト。そして斬新です。
スープは、冷製ポタージュの様にトロリとした飲み口。 甘いのと甘くないかぼちゃ2種と玉ネギなど野菜を使ったものだそう。提供直前にかけられたラー油がほんのりとした辛味を添えて味を引き締めています。
新小麦を使った麺は・・・かぼちゃのスープの香りに負けちゃってましたが、細麺ながらもコシのある食感がいい感じ。
具は、生春巻き?・ガーリックラスク・旨辛挽肉。 生春巻きは、アグー豚のベーコンを自家製のチリソースで旬の野菜達にエディブルフラワー(食用花)で彩りを添えたもの。バクっと齧りつくんですが、味も美味しく食感も楽しい。
通常は、白や赤やピンクやオレンジや紫など、色が組み合わされてるんですが。。。「紫バージョン」で作って頂き、至福な一杯でした〜^^

訪問日  2015年8月7日

 

3日くらい前から、無性に「鶏の山賊揚げ」が食べたい欲求が。。。年内に片づけておこうとお邪魔して来ました^^

「生ビール」・・・500円

ビールと一緒に「山賊揚げ」を楽しんでから麺に行きたかったんですが、揚げるのに15分くらいかかるとの事。時間は全然大丈夫だったんですが、待ってる間に飲み終わっちゃいました(笑)

「中華そば」・・・750円
 +「半額セット(深川めし)」・・・150円
     +「鶏の山賊揚げ」・・・500円

今回も「中華そば」。そして気になっていた「深川めし」も一緒に!麺類と一緒に頼むと300円のところ、半額の150円で食べられます。
そして、熱々の「山賊揚げ」も登場〜

中華そばは、前回よりも魚介系を気持ち強めに感じたかな?バランスよくまろやかで優しい味わいでゴクゴクと飲めちゃうスープです。
しなやかな細麺も啜り心地が良く、小麦の風味がふわりと。
具の、鶏のローストとアグー豚のベーコンも美味しく、増して食べてみたいです。

深川めしは、半額のセットなのにこんもりとお茶碗に盛られてます。アサリの出汁も効いていて、美味しく食べ応えがあります。

山賊揚げは、食べ易い様に一口大に切られてます。衣がカリッと中はジューシー。鶏肉の厚みもあって、しっかりとデカい。細切りのネギとマヨネーズが良く合います^^
さすがにお腹いっぱいになりました〜(^^ゞ

訪問日  2014年12月31日

 

 

 

まだオープン3日目でしたが、塚田さんが厨房に立たれている間にと、お邪魔してみました。メニューはまだ絞られている様で、「中華そば」と「魔法のギョーザ」を。

「魔法のギョーザ(1日限定50食)
                ・・・300円

一番奥のカウンター席に通されました。
目の前のカウンターの向こう側ではふたりで餃子を包んでました。途中で塚田さんのレクチャーが入り、見事な手際に見とれていると焼きあがった餃子が提供(笑)
もっちりとした皮に焼き目がカリッと香ばしく、下味しっかりでニラの香味が効いた餡。何も付けずにそのままで美味しい。
ビールかご飯が欲しくなりますね。

「中華そば」・・・750円

そして程なく中華そばが。
店内には使っている素材の案内が置かれており、それによると。。。かえしにはシジミ、スープにはアサリ・ハマグリと貝3種。そして鶏や豚、カマス干し・昆布・節系4種に香味野菜などなど。羅列を見るとすごい足し算のスープなんですが、どれもが突出することなくバランス良く、じわりと滋味深い味わいのスープに仕上がっていて、これは美味しいです!
麺は中細のもので、するする〜っと啜り心地が良く、小麦の風味もいい感じ。
具は、鶏もものロースト・アグー豚のベーコン・メンマ・青菜・白ネギ・粗挽きの黒コショウ。
細切りのコリコリとしたメンマの食感も良く、鶏ももローストとアグー豚のベーコンもめちゃ旨でした♪

訪問日  2014年12月13日