12:00-14:00、17:00-20:00
定休日  月

住 所
東京都台東区谷中7−18−13
最 寄 駅
JR常磐線・山手線・京浜東北線 他  日暮里駅

*中華料理 一力*
JRの日暮里駅の西口を出たら左へ。100mほど先の十字路を左へ曲がった少し先の左側。徒歩2分位。

創業50年近くになるという老舗の中華料理屋さん。 都内とはいえ、下町である谷中の町並みにごく自然に溶け込んでいる様子が何とも味わい深いですね。
店内は入ると左右に4人掛けのテーブル席が1卓ずつ。正面が厨房でその前にカウンターで5席。お年を召したご夫婦で営業されており、ご主人の方は歩くのもちょっと覚束ない様子ですが、ご夫婦で役割分担をして作ってくれます。後会計制。

メニューは【ラーメン 600円】【みそラーメン 750円】【もやしソバ 750円】【タンメン 750円】【カレータンメン 850円】【ワンタンメン 750円】【チャーシューメン 1050円】【肉ソバ 1100円】【ウマニソバ 900円】【玉子ソバ 750円】【五目ソバ 1050円】などに、【チャーハン700円】【中華丼 1100円】【ギョウザ 500円】【ライス 200円】など。


店内の上部にはテレビが置かれており、日曜の夕方という事もあり、放送されていたのは「笑点」の大喜利。平成も24年になりますが、なんだか昭和を感じさせるホッとする空間。

「ワンタンメン」・・・750円

店内には、何年か前に「週刊新潮」で掲載された記事が。スープにはゲンコツや鶏がらを使っているそうですが、味わい的には鶏が前面に出ててい、昔ながらの鶏がら醤油ラーメンって感じ。あっさりですが、コクや旨味もあってこの味わいは好みだな〜 シミジミ
麺は中細の緩い縮れのあるもの。かなり柔らかな食感ですが、このスープとこのお店の雰囲気に浸るとソレも何だか良かったりして。
具は、チャーシュー・ワンタン・青菜・ナルト・ネギ。ワンタンは5つ入っていて、大き目な皮にちょっとゴマ油を効かせたちょこんとした餡が包まれたもの。トロリとした皮も食感がいい感じ。

「ギョウザ」・・・500円

こちらはご主人担当かな?
ちょっと焼き目の皮が剥がれてたりもしますが、ご愛嬌(笑) 餡は挽肉・キャベツ・ニラ・ニンニク?しっかり詰まっていて、程よい塩梅の下味がついてるので、そのまんまでも楽しめます。ラーメンのスープともいい相性で、6コは多いかな?と思ったけど、食べられちゃいました〜^^

訪問日 2012年4月22日