< 閉 店 >
住所

台東区下谷2−22−6

最寄駅
東京メトロ日比谷線 入谷駅

*中華そば 光江*
入谷駅3番の出口を出たらそのまま直進。一つ目の信号で左に渡り、次の信号で左へ曲がって少し行った左側。徒歩2・3分。

入谷には昔親戚がいたこともあり訪ねたこともあったが、20年以上経ってもまだまだ下町風情の漂う町でした。
店内は4人掛けのテーブルが4卓と壁に向かうカウンターと厨房前のカウンターとで10席程。壁には水戸黄門の撮影の合間に寄ったのでようか色紙があったり、ラーメン党の林家木久蔵さんの絵が飾られていました。
丁度行ったのがお昼過ぎくらいの時間。お店の方はテレビを見ながらくつろいでいました。今時のラーメン店というよりは昔ながらの食堂という雰囲気でほのぼのとした感じがありました。

メニュー


「らーめん」・・・500円  

スープは豚骨、鶏がら、鰹節、昆布、野菜などを使い、弱火でじっくりと濁らないようにしているそうで、麺の一本一本が見えるほど透き通ってました。
鶏がらや野菜の甘さがほんのりとして、お醤油加減も程よい感じです。
麺は中太の縮れ麺でスープと良く合います。
具はチャーシュー・ほうれん草・メンマ・ネギ。
チャーシューはバラ肉で柔らかい。ただ薄めで小ぶりなのがやや物足りないかな?

スープが多めなので残してしまったけれど、何ともホッする懐かしい一杯でした。

訪問日  2004年9月19日
個人的好み   

おまけのコーナー

「ちゃーしゅうめん」・・・770円
こちらのチャーシューはモモ肉です。若干厚めに切られてい
てしっかりとした噛み応えがあります。