11:30〜15:30
定休日 日・水・木・金
住 所
東京都台東区台東2-31-9
最 寄 駅
東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅・ JR山手線 御徒町駅

*来集軒 仲御徒町(竹町)*
日比谷線の仲御徒町駅から行きました。
1番出口を出たら直進。1つ目の信号のところで左へ曲がって200mくらい進んだ右側。徒歩5分くらい。

昭和31年(1956年)創業というお店。 浅草で派生したという「来集軒」。現在でも合羽橋に総本店があり、暖簾分けのこちらは現在の場所柄一般的には「御徒町店」と呼ばれていますが、系譜的には旧町名の「竹町」とも言うそうな。
現在は、初代?のおばあちゃまとその娘さんのお二人で切り盛りされており、昼のみ週4日の営業となっています。
店内は、入って左側にテーブル席が2卓と右側に3卓のみ。奥が厨房スペースで後会計制です。

メニューは【ラーメン 450円】【ワンタン 450円】【ワンタンメン 500円】【モヤシそば 480円】【来集メン(ソース焼ソバ) 500円】【湯メン 500円】【カレーそば 500円】【チャーシューめん 800円】【チャシューワンタンめん 850円】【カタイ焼そば 750円】などの他、【中華丼 750円】【チャーハン 500円】【ソースチャーハン 500円】など。

 

 

 

 

「来集軒」の謎?を追い求め、系譜の流れを掴んだというなべさんがぶさん。いずれブログで発表されると思いますが、まずは素直に影響を受けてこちら竹町(御徒町)へ^^ 

「ワンタンメン」・・・500円
   +「ソースチャーハン」・・・500円

おばあちゃまが中華鍋でソースチャーハンを作り、娘さん?がワンタンメンを担当。
配膳はどちらもおばあちゃまが持って来てくれました。
ワンタンメンのスープは、浅草のものとは違って煮干しの味わいがするもの。これといって突出する味わいはないものの、じんわりと染み入るような優しい味わい。
麺は、中太でちょっと平たい断面のもの。気持ち柔らかな茹で加減が何ともスープともいい感じ。
具は、ワンタン・チャーシュー・メンマ・ネギ・海苔。 ワンタンは結構量があり、何層にも重ねられているので、くっついちゃってのはご愛嬌。餡は挽肉がメインかな。ちょこんとしたものが入ってます。ワンタンは箸で持ち上げる事が出来ながらも、皮にかじりつくとちゅるり♪とトロケます。

そしてソースチャーハン。
真ん中部分は一応型取りされてますが、その周りにもオマケ?がいっぱい(笑)
具は、チャーシューと玉ねぎ。しっかりと炒められた玉ねぎは焼き目の所は香ばしく、しなっと飴色になったところはトロッして甘味が引き出されてます。ソースの酸味は飛ばされ、ほんのりとした甘味がご飯や具と一体となっています。
やや油分も多めでなのでパラッとではないですが、何となく「おこわ」ちっくで、お店の雰囲気なども手伝ってか、美味しかったです^^

訪問日 2013年3月8日