< 閉 店 >
住 所
東京都台東区東上野3−25−12
最 寄 駅
東京メトロ銀座線 稲荷町
JR・東京メトロ日比谷線&銀座線 上野駅

*激辛麺専門店 うま辛麺*
稲荷町からが一番近いみたいですが、上野から行きました。
東京メトロの2番出口を出たら左へ行き、すぐの道を左へ曲がってずっと真っ直ぐ。1つ目の信号の手前の左側。徒歩3・4分。

2011年2月21日OPEN。
店名の冠に「激辛麺専門店」と付く様に、「廣島風激辛つけ麺」「横浜風タンタンメン」「四川酸辣湯麺」と3種の辛い麺を出すお店。
店内は入って左側に券売機があり食券制。
その奥の左側が厨房になっていて、その前に4席と後ろ側に窓に向うカウンターが5席。

メニューは【廣島風激辛つけ麺 並盛1玉 750円/大盛1.5玉 850円/ハーフ半玉 500円】に、【横浜風タンタンメン 700円】【韮タンタン 750円】【叉焼タンタン 850円】【韮叉焼タンタン 900円】と【四川酸辣湯麺 700円】にトッピングや【黄金炒飯ハーフ250円】【浜松餃子(4コ)230円】【スパムおにぎり150円】など。 ※ 麺類は辛さが選べます。


ラーメンの食べ歩きを始める10数年前に家族で行った元祖ニュータンタンメン本舗。それ以来この味がラーメンのソウルフードで、大好きなんです♪前日にしらけんさんブログで見かけ、仕事の後に行っちゃいました(^^ゞ。

「横浜風タンタンメン」・・・700円
 (この日はOPEN記念価格で600円でした)

各麺とも、辛さは1辛〜5辛までは同料金で、その後は5辛単位で+30円で20辛以上まで増せる様です。 もちろん注文は【横浜風タンタンメン】で、辛さは3辛で。
ほどなく登場。見た目は草加の元祖ニュータンタンメン本舗の澄んだスープに溶き卵の白と黄色、そして韓国唐辛子の鮮やかな赤ではなく、ラー油?のオレンジ色で辛そうです^^;
元祖ニュータンタンメン本舗の蒲田店
やAKATONBOなどもそうでしたね。

ですが、味は動物系の清湯に挽肉の旨味がプラスされニンニクが効いていて、期待を裏切らないもの。やっぱりこの味好きだわ〜♪
麺はやや中太の緩いウェーブのあるもので、もちっとした食感。
具は、溶き卵・挽肉・ニンニク・粗挽きの韓国唐辛子。
最近はすっかり辛さが不得手になってるのでスープの熱さがある内は辛く感じましたが、食べ進むうちに何だか大丈夫で。。。(笑) 麺を食べ終えた後にはご飯投入〜とも思いましたが、スープをゆっくり飲んで楽しみました^^

野菜たっぷりの【廣島風つけ麺】や【酸辣湯麺】も気になりますね〜

訪問日 2011年3月2日