11:00〜20:30
定休日 無休
住 所
東京都台東区浅草1−36−7
最 寄 駅
東武スカイツリーライン他 浅草駅

*浅草名代らーめん 与ろゐ屋*
東武伊勢崎線の浅草駅の改札を出て右手にある馬車道通りを右に行き、「浅草2丁目」の信号を左に入って少し行った左側で「仲見世通り」の手前。徒歩2分位。

店構えは瓦や白い塗り壁で、下町情緒たっぷり。 店内は1階がカウンターのみで9席。2階にもテーブル席があるようです。
最初にメニューを選び支払いを済ませるシステム。メニューを書いた千社札風のものを受け取り席へ。ちょっとした事なのに風情を感じたりして。
カウンターの向こうは厨房で、1階と2階の分を切り盛りしていて忙しそうだったけれど、威勢も良く小気味いい感じです。

メニューは【らーめん 700円】【ちゃーしゅうめん 950円】【しなちくらーめん 850円】【玉子らーめん 8000円】【梅しおらーめん 700円】【ざるらーめん 700円【ちゃーしゅう付 950円】【しなちく付 850円】【玉子付 800円】に季節の限定メニューの他、【和風ぎょうざ 350円】などに【お子様らーめん 500円】もあります。


 

 

 

大好きな「元祖ニュータンタンメン本舗」系のインスパイアをするというので、仕事の後に浅草まで^^

5月27・28日 ツイッター限定メニュー
「ニュータンタンインスパイア」
                ・・・850円
 

ニュータンタンメンといえば、塩味でニンニク・挽肉・溶き卵・粗挽きの韓国唐辛子が必須アイテム。

厨房では、普段は見かけない中華鍋が登場し、ニンニクを炒める芳ばしい香りが充満。
そして、久々にニュータンタンメン系のラーメンとご対面です♪
スープは普段使いの豚・鶏・野菜・魚介といろいろ入っているそうですが、ニンニクの香りと唐辛子の辛味で魚介系は影を潜め、豚主体の動物系のスープを使っているかの様な。
ニンニクの香味と唐辛子の辛味が何ともジャンクさを醸し出していて、クセになる味です。
麺は、「元祖ニュータンタンメン本舗」ではちょっと平たい太麺で結構柔らかな食感のものですが、こちらはやや中細でストレートなもの。茹で加減も良くニュータンタンメンとしてはちょっとイメージが違いますが、これはこれで合いますね。
そして、挽肉や溶き卵は本家よりも多め。こちらはお得感があって嬉しいです(笑)

麺を食べ終えた後は、ミニライスをもらって雑炊に。このスープは、麺でもご飯でも楽しめます。

訪問日  2013年5月27日


 

 

 

 

季節毎に、昼の部&夜の部とメニューを変えて限定が繰り広げられていますが、時々ツイッター限定メニューなども提供されています。

残っているか不安ながらも仕事の後に向かってみましたが、間に合いました^^

4月26・27日 
ツイッター限定  夜の部18時から15食

「甲斐路軍鶏の塩そば」・・・850円
 

スープはメニュー名通りに甲斐路軍鶏の丸鶏を使ったもの。思わず、軍鶏の香りと旨みに唸ってしまいます。そして、レモンのオリーブオイルがスープを邪魔せず爽やかで、なお且つスープを引き立てています。ほんのりと効いている山椒もいいアクセント。
麺は、浅草開化楼の細麺。風味も良く、茹で加減も好みの加減。
具は、チャーシュー・メンマ・青菜・ネギ・糸唐辛子。チャーシューは、この限定用に作ったという塩焼豚2枚と、鶏チャーシュー。塩焼豚はしっとりながらもジューシーで噛み締め感も楽しめるもの。これは美味しい!メンマは乾燥のものを時間をかけて戻したというもので、ザクッとした食感が小気味いい。

「和風ぎょうざ」・・・350円  

そして餃子も^^ タレもついてますが、今回も山椒塩だけで食べちゃいました。 焼き目はカリッ&皮はもっちり。
鶏挽肉はの弾力があり、春雨も入ってるのであっさりと食べられちゃいます。

そして。。。もう一杯(^^ゞ

4月24日〜 夜の部10限定
「新茶の塩らーめん」・・・850円
           
の、裏限定バージョン

通常は、定番メニューに使っている和ダシスープを使います。が、この日は告知が遅かったのと天気予報が悪かった為、軍鶏スープに余裕があった様で、冗談で言われた「お茶軍鶏?」という言葉を聞き逃さず、ソレでお願いしちゃいました^^
新茶を使ったという塩ダレ。スープのベースは↑と同じ甲斐路軍鶏を使ったもの。小鍋で温めて新茶の茶葉を入れて「後追い茶葉」をして、お茶の香りと味わい、そしていい渋さがプラスされたもので大人の味わい。そして軍鶏の鶏油が香りや味わいに広がりを持たせます。
麺は、軍鶏の塩そばと同じものかな。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・白ネギ・三つ葉・糸唐辛子。鶏チャーシューはしっとりと美味。盛り付けも変えてくれてこちらにも乾燥メンマを戻したものが。表面に見えるのは、粉末にした茶葉と山椒もちょこっと入ってるのかな。
軍鶏スープもすごく美味しいんですが、日本茶っていいな〜と何だか改めて感じさせられる一杯でした♪

訪問日  2013年4月26日


 

浅草へは行く機会も多いんですが、5年半ぶりになります^^;
「ざるらーめん」と「梅塩らーめん」で悩みましたが、「ざるらーめん」と「和風ぎょうざ」を。

「和風ぎょうざ」・・・350円  

一足先に餃子の提供。
山椒塩とタレが添えられています。
焼き目はカリッとしていて、皮はもっちり。
餡は、鶏の挽肉と春雨とネギでニンニクは不使用。粗く刻まれた鶏挽肉がぷりっとした食感で、あっさりヘルシー。タレよりも山椒塩が気に入りました^^

「ざるらーめん」・・・700円  

具材増しもありますが、餃子も食べたかったのでこちらはシンプルに。
麺は浅草開化楼のもので、縮れのある太麺で黄色味がありますね。そのまま食べてもふわっと小麦の香りが楽しめて、茹で&〆加減も程よくコシがあります。
つけダレは、鰹の味わいと香りがキリッしていて三つ葉とネギの香味がいいアクセント。チャーシューを刻んだものも入っているので、具材増ししなくても満足感があります。
そして、別皿で出されたのは、エビとあられ。両者とも香ばしく、あられのカリカリした食感もいい感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして。。。やっぱり「梅しおらーめん」も食べてみたくて、麺少な目が出来るか聞いてみると「お子様らーめん」500円で良いとの事。
大人でもお子様らーめんが食べられるんですね〜(笑)

「梅しおらーめん」のお子様らーめん
               ・・・500円
 

器は、ざるらーめんのつけダレに使っているもの。
こちらもスープは、鰹などの和ダシがしっかり&キリッと&すっきりと効いたもの。
麺は黄色味のある中位のもので、こちらも浅草開化楼のものかな。しなやかで喉越しもいいですね。
具は、チャーシュー・メンマ・水菜・ネギ・梅干し。チャーシューは厚めに切られたもので、柔らかさと噛み応えが程よいもの。メンマはコリコリと小気味いい食感。梅干しは種が取られたものが2つ。肉質しっかりで甘酸っぱい味わい。ハチミツを使った調味梅干しかな?
場所柄海外の観光客の方も多いので、この方が無難かもしれませんが、個人的には調味梅干しは苦手だったりします^^; 

訪問日  2012年6月10日


冬季限定らーめん(毎日50食)
「柚子切塩らーめん」・・・700円
 

土曜日という事もあってか、浅草はかなりな人出。お昼時を過ぎても賑わってました。

冬季限定という「柚子切り塩らーめん」を。
具にはチャーシュー3枚・メンマ・ネギ・柚子皮・三つ葉が乗ります。 麺は柚子を練りこんだという中位の太さのもの。 鰹節の風味が効いているサラッとした茶色っぽいスープに、ほのかに感じる柚子の存在感がある麺がさっぱりとした後味を感じさせます。
チャーシューは小ぶりのものが3枚。ちょこっとだけボソっとした感じがあるかな。メンマはいい食感です。
食べ進んでいくと細切りの柚子皮が徐々にスープに馴染んでいき、スープの味わいが変化します。5・6切れと多めに入ってますが、意外にも柚子が強くなりすぎず丁度いい加減でした^^

訪問日  2007年1月20日
個人的好み   

「名代らーめん」・・・650円  

スープは豚骨や鶏ガラや野菜類を煮こみ、昆布や鰹節などで仕上げたものだそうです。
動物系のコクと魚系の味と風味とタレの醤油に柚子が調和されたスープだ。
麺は中太の縮れ麺でコシがありスープによく絡み、喉越しもいい。
具はチャーシュー・メンマ・海苔・ネギ・柚子。
チャーシューは食べ応えのある堅めのタイプ。
たまにはこういうチャーシューが新鮮に感じます(笑)
ドンブリも下町風情の漂うものに今年(2003年)から変えたそうで、シンプルで可愛い感じのドンブリでした^^

訪問日  2003年11月14日
個人的好み