水・木・金のみ 18:00〜23:00頃まで
定休日 不定休

住 所
東京都台東区根岸1−3−20
最 寄 駅
JR山手線  鶯谷駅

*麺処 夕*
JR鶯谷駅の南口を出たら、左へ曲がり線路の上を通り階段を降りて少し歩いた左側。
徒歩2分位。

2006年9月11日に開店した「麺処 遊」が、2007年5月9日より、曜日限定で夜の部のみ営業しています。「麺処 遊」とは違う味の期間限定メニューなども提供していく様です。
店内は入って正面に小さな券売機があり食券制。券売機の横にグラスが置いてあります。
店内左側半分、券売機の奥が厨房になっていて、簾で仕切られています。席は右側の壁に向かってカウンターが6席ほど。

メニューは【ざる中華(小) 550円】【ざる中華(大) 650円】【ざる中華(特) 700円】に、期間限定の【濃そば 700円】。
サイドメニューは 【肉飯 400円】【肉あぶり 300円】【煮玉子 100円】【野菜盛 150円】【キムチ 200円】など。


仕事が早上がりだったのでプチ上京^^  開店5分前に到着。既に開いていて3番目。端っこの席を陣取ったものの・・・場所が暗い^^;
デジカメのホワイトバランスを調整していると、声をかけられたので振り向くと「魂麺まつい」のTさんでした。一緒にいらしたのは「ラー麺SNS」でのHN見知りの方。お二人とも強靭な胃袋の持ち主との噂は知ってましたが、肉飯&肉あぶりまで頼んでられました@@;

「濃そば」 ・・・700

「ざる中華」もシンプルそうで気になりましたが「濃そば」を^^
煮干がガツンと効いて、塩梅もはっきり強めに出ているスープ。動物系の鶏白湯も結構濃度がありそうですが、鶏の味は煮干にかき消されてしまってるかな。。。濃厚ですがベースが鶏なので、思った程重たくなく飲めます。
麺は中位の太さのもの。箸で持った時に切れたりはしませんが、噛むとプツプツと切れるような食感。
具はネギ・水菜と煮干粉とシンプル。
ブログなどではチャーシューが乗っていたんですが、変わったのか忘れたのか^^;
まぁ、このスープなら具が無くても充分麺を楽しめますが、やっぱりお肉も少しは欲しい・・・それと個人的には塩梅がもう少し控えめな方が好みかな?とは言いながらも、スープも飲み干して来ましたが(^^ゞ

訪問日 2007年5月23日
個人的好み