< 閉 店 >
住所
東京都豊島区東池袋1−14
最寄駅
JR山手線他 池袋駅

*函館麺や 一文字*
池袋駅東口に2004年2月にオープンした
「池袋ひかり町ラーメン名画座」の中のお店。
池袋駅からは徒歩3・4分。

ちょっと重たい引き戸を開けて入ると左手に券売機が置いてあり食券を買うシステム。
店内はカウンターが7席とテーブル席が4卓。

以前は寿司職人だったという店主が、独学でラーメンを研究し2003年に催された「函館ラーメンサミット」で高い評価を受け話題になったそうです。
メニューには麺類のほか、ミニいくら丼や函館イカ飯などもあり北海道気分が味わえるお店です。

土日などは行列になっていますが、平日のお昼時をはずせば、どのお店もすんなり席に着けるようです。


「函館 塩らーめん」・・・700円  

スープは比内鶏や魚介類・野菜などを使い、塩は海洋深層水塩というものを使っているとの事。素材の甘味があり、あっさりとしたスープだ。塩加減も丁度良い。少量だけれど、揚げにんにくも入っていて芳ばしさと風味もいい感じ。
麺は細めのストレートでツルツルッとしていてコシもある。
具はチャーシュー・半熟味玉半分・ほうれん草・海苔・麩・メンマ。
メンマはメンマというより、タケノコに限りなく近い感じのもので食感がいい。チャーシューは炙ってあるので香ばしく、そして程よく柔らかい。
あっさりと頂ける一杯ですが、個人的にネギの切り方が・・・スープを飲むのにちょっと邪魔でした^^;

訪問日  2004年3月16日
個人的好み