11:00〜15:00 16:00〜21:00
定休日 無休

住 所
東京都豊島区南長崎3-4-11
最 寄 駅
都営大江戸線 南長崎駅
西武池袋線 椎名町駅

*中華料理 松葉*
西武池袋線の椎名町駅から行きました。
目印になるものが無いので遠回りになりますが・・・南口を出たら右へ。頭上にある首都高に沿って400mくらい進み、「南長崎一(丁目)」の信号を右へ曲がって「目白通り」沿いに真っ直ぐ。200m位進むと二股になるので、右側の細い方の商店街へ進み150mくらい先の左側。徒歩10分くらい。

はっきりした創業は不明ですが、昭和30年には営業されていたそうなので、60年くらいの歴史があるお店。
多くの漫画家の方たちが住んでいたとう「トキワ荘」の近くにあり、藤子不二雄氏の『愛…しりそめし頃に…』という漫画にも登場したお店だそう。店内には漫画が描かれた色紙も多数飾られています。以前は「中華食堂」だったそうですが、現在は「中華料理」という冠になっています。
店内は、テーブル席が4卓18席と小上がりが1卓。

メニューは【ラーメン 480円】【チャーシュー麺 780円】【ワンタンメン 600円】【味噌ラーメン 600円】【タン麺 600円】【五目そば 800円】【ソース焼きそば 500円】などに、【焼餃子 400円】【春巻 400円】【焼売 400円】【炒飯 600円】や【トキワ荘ラーメンライス 680円】の他、定食など。


 

 

 

つい先日、知り合いのレポを見て初めて知ったお店です。何だか気になっちゃって仕事の後に向かってみました^^

サイドメニューで炒飯と餃子とで迷ってたんですが、ご飯が終了と聞きワンタンメンと焼餃子を。

「ワンタンメン」・・・600円

ひと足先にワンタンメンが提供。
スープの見た目にちょっと濃いめのお醤油色。ベースは豚骨や鶏ガラなどの動物系?に魚介系もふんわりで、コショウのピリッとした辛味もアクセント。創業年数からすると、もっとあっさりなのかな?なんてイメージしてましたが、意外にもしっかりめなボディのスープにちょっとビックリ。
麺は、ちょっと黄色味のあるやや中細のもので茹で加減も程好い感じ。スープとの相性もいい感じ。
具は、チャーシュー・ワンタン・わかめ・メンマ・半分の固茹で卵・ネギ。チャーシューは、しっとりながらも噛み締め感のあるタイプで好み。ワンタンは、餡はビー玉くらいの大きさで挽肉メインかな?ちゅるん♪と柔らかな皮の食感がいい感じ。味付けのされていない固茹で玉子は素朴な玉子の味わいが感じられ、彩り的にもきれいです。

「焼餃子」・・・400円

焼き目がカリッと香ばしく、餡もたっぷり。
餡は、挽肉にニラやキャベツかな?野菜率が高くシャキシャキとした食感が噛む毎に小気味良く、餡の下味だけでも美味しく食べられます。

訪問日 2014年2月5日