< 閉 店 >
住 所
東京都中央区日本橋2-6-7
最 寄 駅
東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅

*中華 こんどう軒
たくさんの出入り口がありますが、日本橋駅のC4出口から行きました。
階段を昇ってすぐの道を左へ行き、右側2本目を右に曲がったすぐの右側。徒歩2分位。
高島屋の駐車場入り口の向かい側。

1916年(大正5年)創業という97年続く老舗の中華屋さんです。
店内は、入ってすぐ左側にレジがあり後会計制。4人掛けのテーブル席が4卓と、壁に向かう2人掛けのテーブル席が1卓。
調理は2階でされている様で、出来上がると小さなエレベーターで運ばれて来ます。

11:00〜14:00のランチメニューは【肉絲湯麺(らーめん) 500円】【肉雲呑(わんたん) 500円】【湯麺(たんめん) 600円】【雲呑麺(わんたんめん) 600円】【生碼麺(もやしそば) 600円】【叉焼麺(焼豚そば) 800円】【野菜肉絲湯麺(野菜そば) 600円】【冬茹麺(しいたけそば) 900円】などなどに【上海炒麺(柔かい焼そば) 600円】【肉絲炒麺(硬い焼そば) 600円】【ソース炒麺 600円】などにご飯類やセットメニューなど種類も豊富。

※営業時間は未確認な為「食べログ」より転記。

通し営業だと思い、実は何度か2時とか過ぎとか日曜も行ってみたんですが・・・↑写真の通り「営業中」の札は無し。なので、平日木曜の開店時間早々の11時過ぎに到着でようやく^^;

「雲呑麺(わんたんめん)」 ・・・600円
          +「半炒飯」・・・350円

1階には厨房スペースがないものの、どこからら中華鍋を振るう音が聞こえて来るのは2階から?ほどなく、小さなエレベーターで両方一緒に運ばれて来ました。

ワンタンメンは大きなドンブリでスープもたっぷり。そんなスープは、鶏ガラなどがベースでしょうか。ほんのりと甘味も感じるお醤油味。
麺は、やや中太の緩いウェーブのあるもの。茹で加減は気持ち柔らかめではありますが、このスープには丁度いいですね。
具は、ワンタン・チャーシュー・メンマ・ネギ。
ワンタンは薄くて大き目な皮にちょこんと小さな餡が包まれたもの。ちゅるん♪と滑らかで蕩ける皮の食感が何とも美味。そして、チャーシューはコークスで焼かれたという焼き豚。しっとりジューシーながらもしっかりとした噛み締め感があってこれまた美味しい♪

ランチタイムサービスの半チャーハン。
半とはなっていますが、しっかりと量があります。具は、細かいチャーシュー・玉子・ネギ・グリーンピース。 しっとりとパラッとの中間くらいで、そのまま食べてもスープをお供にしても丁度いい味付け加減。

ボリュームもたっぷりで、かなりお腹いっぱいになりました^^

訪問日 2013年2月21日