11:00〜15:00 17:00〜21:00
土 11:00〜14:00
定休日 日
住 所
東京都中央区日本橋本町1-3-3
最 寄 駅

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 他


*中華料理 大勝軒*
地下鉄の三越前駅のA3出口を出たら、目の前を横切る中央通りを信号を渡って向こう側へ真っ直ぐ。2つ目の十字路の右向こう側。徒歩2・3分。

1933年(昭和8年)創業。
1905年(明治38年)に創業した人形町系の流れを汲むという大勝軒だそう。
駅近で大きな幹線道路や高層の建物が立ち並ぶなか、突如として瀟洒でレトロな洋館が姿を現します。1階の入り口脇にはショーケースがあり、こちらも時代を感じさせます。
店内は、4人掛けや6人掛けのテーブル席のみで5卓ほど。厨房は奥に別スペース。2階席もある様です。

メニューは【中華そば 650円】【ワンタンメン 850円】【モヤシソバ 800円】【チャ^シューメン 950円】【五目そば 950円】【トリソバ 980円】【ウマニそば 850円】などに【炒飯 800円】【中華丼 850円】【餃子 550円】【シューマイ 580円】などなどに、ラーメン+半チャーハンや餃子などが組み合わされたセットメニューなど。
そして夜の部(17:00〜)は、中華の一品料理がメインになる様です。


「中華そば」・・・650円 

お昼時は相席必須だそうですが、14時過ぎだったのでテーブル席を独り占め。
ほどなく提供された中華そばは、ふんわりとお醤油の香りドンブリから。
スープは、香りから想像した通りに、醤油ダレが程好い加減にキリッとしているスープ。ベースは鶏などの動物系に野菜などに、魚介系も少し使ってるのかな?
麺は、緩〜いウェーブのある細麺。スープを纏うというか、ちょっと麺に染みてる感じで一体感があります。
具は、チャーシュー・ハム・メンマ・ネギ。チャーシューはモモ肉の部位かな。しっとりとしていて噛み締め感が楽しめます。そして、現在ではリーズナブルなハムですが、創業当時はかなりの高級品だったはず。4分の1切れというのが何となくそんな時代背景の名残の様に感じちゃいますね。メンマはちょっと甘めで柔らか。細かく散らされたネギの香味もスープに味わいをプラスしていました。

訪問日  2013年6月19日