11:30〜14:00
定休日 日・祝

住 所
東京都中央区銀座1−5−1 B1F
最 寄 駅
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 他

*和酒bar 和味(なごみ)
有楽町線の銀座一丁目駅が一番近くて1・2分くらいですが、日比谷線の銀座駅から行きました。「B4」出口を出たらすぐに右に曲がって「並木通り」をずっと真っ直ぐ。斜め上に首都高の見える「紺屋橘」の信号の手前右側の地下1階。

店名の冠通り、日本酒や焼酎などの和酒をメインに、宮崎の尾鈴山鶏などを使った鶏料理や旬の野菜を使った料理が楽しめる和風バーですが、平日のランチタイムはラーメンを提供しています。※夜の部でもラーメンが一部提供されている様ですが、料金が割高に設定されているみたいです。
→の入口を入ると目の前はこんな風景。そして、細くて急な階段の下はこんな感じです。
店内に入ると正面にずらっと並ぶ日本酒や焼酎の瓶・瓶・瓶・・・(笑)
その前にカウンターが10席と、四方を囲む8席のテーブル席と4人掛けのテーブル席が2卓。床は畳の目の模様になっていて和風な造りの店内です。

メニューは【極塩とりそば 650円】【宮崎地鶏拉麺 650円】【ピリ辛地鶏拉麺 750円】【特製ピリ辛つけめん 750円】【宮崎地鶏とり丼(スープ付) 650円】にセットで【ミニオリジナルサラダ+150円】【宮崎地鶏ミニとり丼+200円】【地鶏玉子かけごはん+200円】【ミニとり丼とミニサラダ+300円】【玉子かけごはんとミニサラダ+300円】。他には【地鶏煮玉子100円】【厳選米小ライス100円】

「極塩 とりそば」 ・・・650円

「宮崎地鶏拉麺」の方はスープが同じで醤油味なんだそう。鶏のスープをストレートに楽しんでみたかったので塩味の「極塩 とりそば」にしてみました。セットやプラスご飯の雑炊風も気になりましたが、今回はラーメンだけで^^;

スープはサラッとしてるんですが、鶏の味わいと甘味が出ていてトロリとした旨味が感じられて美味しいスープ。気持〜ち塩気がはっきり目に効いてますが、意外にも最後まで飽きずに飲めました。
麺は、中細の緩いウェーブのあるもの。茹で加減もいい感じ。
具は、鶏肉を細く解したもの・白髪ネギ・青ネギ。鶏のほぐし身は味わい的には感じられませんが、麺と一緒に食べたりすると食感のアクセントになります。
麺や具を食べ終えた後、そのまんまスープだけでも美味しいんですが、ご飯を入れて雑炊風にしたら2度楽しめただろうな〜と、ちょっと後悔です^^;

訪問日 2010年5月6日