11:00〜15:00 18:00〜20:30
土 11:00〜15:00
定休日 日・祝 ・夜営業不定休あり
住 所
東京都中央区日本橋人形町2−29−3
最 寄 駅
東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町駅
東京メトロ半蔵門線 水天宮駅・都営新宿線 浜町駅

*麺 やまらぁ*
日比谷線の人形町駅から行きました。
A3の出口を出たら右へ行き、一つ目の角を右へ。左側2本目を左に曲がって真っ直ぐ行った右側。徒歩3分位。

平成22年(2010年)2月22日OPEN。
店主は時計で有名な某社のデザイナーをしながら全国を食べ歩き、「魂麺」の暖簾のデザインや私のHPの名刺なども作ってくれた「週刊おいしいラーメンレポ やまらぁ」の管理人で、
2年前に会社を辞めた後47都道府県の食べ歩きを制覇した方。「麺喰屋 澤」で修行の後、独立されました。
店内は入って左側に券売機があり食券制。
右側が厨房で、その前にL字のカウンターで10席ほど。

メニューは【やまらぁ 700円】【しおらぁ 750円】【やまつけ 750円】【しおつけ 800円】にトッピングで【玉 100円】【チャー 300円】【得トッピング 250円】など。味噌味のラーメンやつけ麺は4月頃から提供予定だそう。
14時まではランチタイムサービスで、麺の大盛りか玉(味玉)もサービスがあります。
また、夜の部は焼酎や日本酒も用意され、飲みながらゆっくりと楽しめるみたいです。

年末の限定ラーメンを提供しているお店がいくつもありましたが、こちらへ^^

恒例、年越し限定
「アグー豚と琉美豚の
   NEO沖縄そば2 2014」
               ・・・1000円

10時からので80食、又は15時までの提供。かなり出遅れてしまったので間に合うか心配ながらも行ってみると、何とかセーフ^^
店内には知り合いがいっぱいいて、ちょっとびっくり(笑)

スープは、豚100%を使ったというもの。アグー豚の背脂が結構たくさん入っているんですが、全然脂っこくなく逆に脂の甘味がいい感じ。実は魚介系も少し使っているそうですが、それを聞いてスープを飲んでみても、全然わからず、逆に豚の味わいというか旨味の厚みが美味しく感じます(笑)
麺は沖縄そばのもの。ちょっと平たく太めで黄色味があって、するする〜っと啜るというよりワシワシと喰らう感じかな。しっかりとした食感で、このスープや具達ともよく合います。
具は、沖縄琉美豚の肩ロースとバラ肉、そして沖縄カマボコ。肩ロースは粗挽きのコショウがふられソテーされたもので、弾力のある食感。思わずご飯が欲しくなります(笑) バラ肉は茹でられたもので柔らかく脂身に甘味があります。そして沖縄カマボコは、蒸しではなく揚げて作られたものだそうで、噛み応えがあって美味しく、見た目にも可愛い^^

訪問日 2014年12月30日

今年も始まった「船橋ソースラーメンプロジェクト」。やっぱりココにはお邪魔しないと♪

2014.3.10〜2014.5/6
船橋ソースラーメンプロジェクト CLIMAX
「船橋ソースラーメン」 ・・・800円

2回目の参加となる「やまらぁ」。 今年は限定数は設けてないようですが、日々売切れ終了となる様です。

スープは、軽くトロリとした感じのものですが、塩らぁとかのスープよりは少しライトな感じかな。 ソース感はまろやかで優しい味わいですが、後口に心地いいスパイシーさを感じます。 何でも今年は、ソースを手作りしてみたんだそう。
麺は中太の緩いウェーブのあるもので、スープがよく絡みます。
具は、角切りハム・キャベツ・カレー玉とシンプル。カレー玉は、ツナを使ってあれこれとしたものだそう。後半少しずつスープに溶いていくとカレーラーメンに変化して行きますが、ソースの味わいも時折りふわりと感じられて美味しい♪

「ミニライス」 ・・・50円

麺を食べ終えた後、ミニライスを頼んで残ったスープで雑炊風に^^ スープを最後まで楽しめます♪

訪問日 2014年3月17日

15日から始まった「船橋ソースラーメンプロジェクト」。前回は10店舗でしたが、今回は16店舗での展開。
人形町ではありますが、店主の山谷氏が長年船橋在中だった事もあっての参加です。
昼夜、各5食とハードルが高いですが、仕事の後に向かってみました。

2013.4.15〜2013.5/31
船橋ソースラーメンプロジェクト 3rd SEASON
「船橋ソースラーメン」 ・・・750円
             
(昼・夜 各5食)

昼の部は早めに無くなってしまうそうですが、夜の部はゆるやかだそうでセーフでした。

スープは、こちらのベースでもあるベジポタに、ソースは浅草橋にある洋食店の「グラシア」さんの自家製ソースを使ったものだそう。
トロリとしたベジポタがのマイルドな味わいに、ソースのコクのある深みとスパイシーさが引き立ちます。そして、直前に挽かれた粗挽きの黒コショウがかなり刺激的。中太の麺にスープがよく絡みます。
具は、もやし・キャベツ・ハムカツ・青海苔。
現在では、ラーメンにハムカツというのはかなり珍しいと思いますが、昔はフライものなどをトッピングしていたりしたそうな。 ハムカツにスープが染みて、衣が甘く感じますね。ハムの食感も柔らか。茹でもやし&キャベツのシャキシャキとした食感がいいアクセント。

訪問日 2013年4月17日

ラーメンの食べ歩きを始めたのがほぼ一緒で、古くからの知り合いでもある「やまさん」。
そんな彼がいつしかラーメン店をする事となってビックリし、ましてや3周年を迎えるとは早いものです。

3周年記念は、「昔風ラーメン定食」。
もう一人、仲良くして頂いているレイラさんとのコラボです。
老舗好きなふたりらしい企画。当日にお邪魔する事が出来ないので、
一足早く、試作時に頂く事が出来ました。
なお、当日にはかわら版の様な「やまらぁ新聞」が配布され、今までの限定メニュー双六や
ふたりの好きな老舗ラーメン店が紹介されたものが配布されるそうな。

「昔風ラーメン定食

※ 直前の試作段階でのレポです。

饗 くろき」の麺を使ったラーメン。
まずは、3種類の麺を当事者の二人が試食しこの麺と決め、
傍観者二人も味見をさせてもらいその判断に納得&賛成。

麺が決まったところで、ほぼ完成版なものを頂きました。

定食という様に、ラーメン+ご飯+おかず+デザートが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはラーメン。
ドンブリまで懐かしさ溢れるものを用意するというこだわり。
スープは、東京ラーメン定番の醤油味。それっぽい雰囲気は出てますが、
「昔はこんなに美味しくはなかったでしょ!」と突っ込みたくなるくらい美味しい!
食べ始めよりも、少しスープの温度が温くなったくらいからが旨みや味わいが膨らみますね。
麺は、「饗 くろき」製麺のもの。2種類の国産小麦を使った縮れ麺。
麺の風味も良く、食べ終わる最後まで伸びずに楽しめます。
具は、チャーシュー・ほうれん草・ナルト・ネギ・海苔。
チャーシューは見た目にもレトロ感が楽しめる淵が赤いタイプの焼き豚。
中肉という部位を使ったものだそうで、しっとり&ジューシー。
かつ、しっかりとした噛み締め感が何とも至福です。
そして、漬け込んだタレの働きなのか、レバーの様な濃厚な味わいも。

  

そして、レイラさん作、ごはん&おかず&デザート。

「桜むすび」
春を思わせるほんのりピンク色の桜えび入りのおにぎり。生姜の香りと
中には鯛?入り。シソの風味がいいですね♪
また、このおにぎりを口に頬張って、スープを飲むと更に海老の一体感のある味わいが楽しめます。

「おばけワンタン」
皮は「饗 くろき」のもの。
餡には細かく刻まれたタケノコが入っていて、こちらも春の香りが。
三つ葉の香味もいいアクセント。もっと食べたかった。。。(笑)

「醤油麹ソースのプチクレームダンジュ」
2種類用意されていましたが、左側のものが提供されたのかな。
小さい頃に駄菓子屋さんで見かけた「ヨーグル」。
容器やスプーンだけ用意し、中身はレイラさんの手作りです!
あの、ねっとりと濃厚なクリーム感が再現され、ちょこっと加えられた醤油のもろみや
メイプルシロップなどが面白く、懐かしさの中にも新しく、全体的に統一感があっていいですね。

訪問日 2013年2月16日

 

辛いのは不得手なんですが、食べ歩き仲間でもあった山さん(店主の通称)が「らーナビ」限定を発売。これは行かなくちゃ♪というわけで^^

携帯サイト「超らーめんナビ限定」
2012年2月16日〜3月15日
「台湾まぜそば
(追いめし付き)
                ・・・850円

名古屋にある「味仙」が発祥という「台湾ラーメン」。台湾で食されている「担仔麺(タンツーメン)」をヒントに考案されたメニュー。それを汁なしのまぜそばとして提供したのが「麺屋はなび」。現在では多くのお店で提供されているんだそうな。
全国を行脚された店主山さんは、限定でソレをチョイスし、やまらぁ風の「台湾まぜそば」を提供。

最初に端っこの方から麺を何本か食べ、卵黄を崩して、よ〜くかき混ぜて後は食べるのみ! 汁なしなので、生ビールをお供にしました(笑)
最初に食べた太麺はもっちりとしていてコシもあってそのまんまでも美味。その後具材をしっかり混ぜて食べてみると、辛さはそれほどではなく、挽肉やタレが麺にしっかりと絡んで美味しいです。ニラやネギの香味と海苔の風味もいいアクセントで、ビールが進みます(笑)
汁なしとはいえ、麺が少なくなると辛さが効いてきますが不得手な私でも許容範囲。卓上のペッパーやお酢などで味の変化も楽しめる案内を頂きましたが、逆にそのまんまが美味しかったので味変ツールは使いませんでした。

そして〆に「追いメシ」が。残ったタレや挽肉とご飯をよく混ぜて。そのまんま食べたり、海苔で巻いて食べたりと堪能して来ました^^

訪問日 2012年3月13日

OPEN2周年記念でスペシャルコラボイベントとして、「千葉拉麺倶楽部 拉通 ra2」@八千代市の川崎氏&「与ろゐ屋」@浅草の山上氏と共に作る限定メニューを提供。
仕事の為に行けず、夜の部で残ってる事を期待してたんですが、昼だけで売切れとの事・・・残念^^; それでもお祝いにお邪魔して来ました^^

「玉しおらぁ」 ・・・850円

約2年振りに「しおらぁ」を玉(玉)付きで。
昼の部で提供した塩味の半熟玉子が残っているとの事。「2コ食べられるなら両方入れるよ」と言ってくれたので、お願いしました^^
スープは、改良を重ねて去年の秋頃(?)にパワフルになったという鶏白湯のベジポタスープ。鶏も濃厚になっていますが、ベジ感がより濃くなっている感じで、濾した野菜?のちょっとザラリとした感じもあるドロリとしたスープ。塩気が強くなく油も少な目なので、濃度の割りには全然重くなく食べられますね。
麺は黄色味ある中太のもので、もちっとした食感もいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・プチトマト・カイワレ・海苔・ネギ・味玉。
白い方が限定で出した塩味の半熟玉子。塩気のせいで、黄身の甘みが引き立ってました。そして、茶色い方がいつもの味玉。こちらはしっかりと味が染みていて、黄身が透明感のある飴色で、ねっとりとしていてめちゃ旨でした♪

訪問日 2012年2月22日

秋季限定(1日10食) ※11月中頃まで
キノコとサーモンの白味噌らぁ麺
 「秋味」 ・・・1000円

スープは、↓以前に頂いた「塩らぁ」などと同じものだと思いますが、つい最近某所で山谷店主が「改良を重ね、過去最高のスープに移行してます」との事。 それに、エノキ・シメジ・エリンギをバターでソテーしたものに、白味噌を加えたというスープ。 ベースの鶏白湯&ベジポタのスープがドロリと濃厚ですね〜。
白味噌は甘みと香りがほんのりで、キノコをソテーしたバターの香りが移って洋風な印象のスープに。
麺は、中太のもの。もっちりとした食感で、スープがすごく絡みます。
具はキノコソテー(エノキ・シメジ・エリンギ)・スモークサーモン・メンマ・笹切りネギ・味玉・三つ葉。味玉は黄身が飴色でトロリとしていて美味しい。3種のキノコの食感の違いも楽しいです。
ただ、味が単一なので途中でちょっと飽き気味にもなりましたが、お冷でリセットすると再び新鮮さが・・・(笑) 麺を食べ終えた後にスープを飲んでいると、温度が下がった為か白味噌というか麹の風味がふわっと感じられて来ました〜

訪問日 2011年10月28日

春季限定という「ピザらぁ」が気になり仕事の後に^^  提供は、昼の部で10食、夜の部で5食だそう。

春季限定(1日15食)
オリジナルトマト&チーズらぁ麺
「ピザらぁ」 ・・・800円

スープは、トマトやニンニクがベースという「マリナラソース(トマトソース)」を作る際に玉ネギやセロリなどの野菜もたっぷりと加えたものに、こちら定番のトロリとした鶏白湯をあわせたものだそう。それに、ジェノバ(バジル)ソースを添えたもの。
トッピングは、ピザ用チーズ・チョリソーソーセージ・青菜はルッコラ?
香味野菜が効いたトマトソースはまるでイタリアン。部分部分で少しずつ混ぜながら食べると、バジルの香味やチーズのとろけた感じや塩気やまろやかさなど、色々な味わいが楽しめます。
麺は「しおらぁ」などと同じものかな。中太のもちっとした食感のもの。
チョリソーは、齧り付いた時のパリッと皮が弾ける食感が楽しく、中は熱々。ピリッとした辛味がいいアクセント。

店内にあったメニューには「全てを合わせて食べるとまるでピザのような味わい」との事ですが、最初から一気に混ぜるには勿体無いですね。部分部分でちょこちょこと混ぜ合わせながらいろんな味を楽しんだ後、一気に混ぜてっていうのがお勧め^^

残ったスープ(ソース)をご飯投入で〆たかったんですが・・・残念ながら売切れでした^^;
バケットやガーリックトーストでも美味しそう。

訪問日 2011年3月9日

券売機の左上は醤油味で鶏白湯+魚介出汁でお店の名前がついた「やまらぁ」ですが・・・説明を見て好みだろうと思ってた「しおらぁ」に^^ お昼時を外して行ったんですが、隣の二人は別々に来ていた知り合いでした(笑)

「しおらぁ」 ・・・750円

「鶏白湯に塩ダレを合わせたシンプルな味」との案内。鶏の味わいは思ったよりもあっさりめで、ジャガイモ?のとろみとザラッとした舌触りを感じるスープ。まろやかで塩梅は控えめ。最初の2・3口はほんのりとした生姜の味わいも感じました。
麺は中太のもので、修行先の「麺喰屋 澤」と同じ桜井商店のもの。もっちりとして食感も味も美味しいものでした。
具は、チャーシュー・メンマ・水菜・プチトマト・海苔と14時迄のランチタイムサービスの玉(味玉)。
食べ歩かれただけに行き着いた?インパクトよりも、じんわりと味わいを楽しめる一杯に仕上がってて美味しかったです^^

「柚子シャーベット」 ・・・300円

手作りなものではないですが・・・・柚子皮なども入っていて柚子の味わいが楽しめるデザートでした。
訪問日 2010年2月25日