11:30〜14:30 17:30〜20:30
定休日 火
住 所
長野県千曲市上山田温泉3−7−4
最 寄 駅
しなの鉄道  戸倉駅

*地粉ら〜めん 麺’sTable 亀屋*
最寄のしなの線戸倉駅からは1.7キロほどの場所の様ですが、バスがあるみたいです。

以前は食堂を営んでいたそうですが、1980年にラーメン専門店となったそうな。
地粉を使った麺を提供されていて地産地消&ラーメンのスローフード&無化調などこだわりが詰まっているけど、ほのぼのとした雰囲気のお店。 外観は食堂だったとも、ラーメン屋さんとも思えない瀟洒な造り。ドアを開けて一歩入ったところで靴を脱いで上がります。
入った左側にテーブル席が2卓とカウンターが5席?その奥にもテーブル席が2卓くらい。

メニューは【さらしなら〜めん 700円】【チャーシューら〜めん 950円】【和歌mえr〜めん 800円】【わかめ&レモンら〜めん 900円】【みそやさいら〜めん 800円】【みそわかめら〜めん 900円】【みそチャーシューら〜めん 1000円】と、幻の小麦「伊賀筑後オレゴン」を使った【幻のつけ麺 950円】に、夢世紀を使った【夢つけ麺 800円】とその二つの麺を味わえる【合盛りつけ麺 1100円】など。


 

 

知り合いからお誘いを頂き、総勢4名で日帰りの長野遠征の2軒目。
1軒目でお邪魔した「烈士洵名」の店主塚田氏からお勧め頂いた小麦にこだわっているというお店へ。
幻の小麦「伊賀筑後オレゴン」を使ったという「幻のつけ麺」もきになりましたが、同行者が「合盛りつけ麺」を頼んだのでこちらに^^

「さらしなら〜めん」・・・700円

麺には長野県産の小麦「ユメアサヒ」と「ハナマンテン」をブレンドしたという麺を使ったもの。
出て来た瞬間、スープからふわっと鶏とお醤油のふくよかな香りが。
スープは、動物系と魚介系をブレンドしたものだそうですが、何とな〜く遠くに白河系を思わせるような味わいでめちゃくちゃ好み♪
麺は、中細と太い平打ちのものの2種類が入ってます。喉越しも良くて小麦の香りを楽しめる麺で美味しい!
具は、チャーシュー・味玉半分・メンマ・青菜・海苔・ネギ。チャーシューは煮豚ではなくて、吊るし焼きにしているそうで、噛み応えもありながらしっとりと柔らか。
盛り付けは、さらしなの里をイメージしているそうで・・・。

チャーシューは山で、味玉が月、平打ちの太麺が川で、メンマや青菜は草木を現しているそうな。 店主さんより説明を受けて一同「おぉ〜」と感動しちゃいました(笑)

訪問日 2009年7月9日

「焼き餃子(6コ)」・・・420円

他には、3コ210円、10コ700円に
持ち帰りも出来るみたいです。

「わかめ&レモンら〜めん」・・・800円

レモンの酸味とあさりの旨味、ワカメの磯の香りが とてもいい感じ。 冷やしにしても美味しそうでした♪

「合盛りつけ麺(大盛)」・・・1100円+100円

「伊賀筑後オレゴン」を使った麺と「夢世紀」を
使った麺の2種盛り。
左側に見える白っぽく見えるのが「夢世紀」で右の
お蕎麦っぽいのが「伊賀筑後オレゴン」の麺。
食感&味わいの差がはっきりと感じられて、
麺の旨さを堪能できます♪

「みそやさいら〜めん」・・・800円

地元である信州味噌に、愛知八丁味噌の
3種類の味噌をブレンドしたという味噌らーめん。
味わい深いけれど、濃厚ではないので野菜たっぷりでもさらっと食べられちゃう感じの一杯です。