11:30〜14:30 17:30〜22:30
定休日 日・祝
住 所
愛知県名古屋市中区栄2‐5‐1
最 寄 駅
地下鉄 東山線・鶴舞線  伏見駅

*麺屋 三郎
伏見駅の4番出口を出たら、左手に「広小路通り」を見ながら直進。3つ目の信号を右に曲がって、1つ目の十字路を左へ。1つ目の右側の路地を過ぎたすぐ先のビルの1階で、 ビルの地下に入り、ぐるっと反対側へ回った所にお店があります。徒歩5・6分くらい。

2010年6月10日OPEN。
まだお若いご店主。何でも独学でお店を始められたんだそうな。
店内は入って正面に奥の壁側とドア側に向かうカウンターが2席ずつと、右奥が厨房でその前にカウンターが4席ほど。
店内もそうですが、厨房もかなり狭いながらもいろんな工夫をされてラーメンの提供をしてました。
お冷には麦茶が用意され、後会計制。

メニューは【無化調 淡麗系 (塩・醤油) 750円】【無化調 淡麗系 海老塩 850円】【札幌味噌 750円】【ビビンまぜそば 800円】【三郎二郎 改 700円】【三郎二郎 味噌 800円】に、月替わりの限定メニューや、月・火限定メニューなど。

白ごはんは終日無料&セルフサービスで、定休日の翌日は『塩・海老塩』はお休みだそうです。


こちらの淡麗系とは・・・「塩分や油分控えめで旨味たっぷりのあっさりラーメン」との事。その「無化調 淡麗系」の「海老塩」を狙ってたんですが、定休日の翌日だった為塩メニューは無しとの事で醤油を。

「無化調 淡麗系 醤油」・・・750円

提供の直前に、煮干しやあさりなどを小さな雪平鍋に入れ、予め作っておいた鶏などがベースのスープを加えて仕上げてました。
そんなスープは、確かに塩分&油分が控えめですが物足りなさは無く、じわじわと色んなダシの味わいが感じられます。中でもアサリのダシがとてもまろやかで後味にいい余韻を残すので、ついつい後を惹いてしまいます。
麺は中位の太さのもので、ふんわりと小麦の風味も。
具は、チャーシュー・メンマ・水菜・粗みじんの玉ネギ。チャーシューは2枚入っていて、柔らかで味付けも美味しい。粗みじんの玉ネギがいいアクセントになってました^^

訪問日  2011年11月28日