11:30〜14:30 17:00〜21:00
定休日 水

住 所
愛知県刈谷市中手町6−705
最 寄 駅
JR東海道本線 逢妻駅

*玉響(たまゆら)*
逢妻駅の改札を出たら左側へ行き、右の階段を降りて線路沿いに進む。少し坂を登ったところで国道155号に突き当たるので左へず〜〜っと真っ直ぐ。「中手町」の交差点の所で右に渡ってまたすぐ左へ渡り、右へ。1つ目の左側の路地を入って行った少し先左側。徒歩15分弱。向かい側にはホームセンターカーマがあります。

民家を改装したというお店は、看板が無ければ近隣のアパートや民家と馴染んでいて見分けがつかないくらい。
ちょっと坂の入口を入ると、隣家の目隠し代りなのか、竹などを使った背の高い垣根に囲われていてちょっとした和の空間。
店内は入って左側が厨房でその前と、後ろ側の壁に向かうカウンターで15席ほど。椅子には切り株が使われてました。

メニューは【竹燻製麺 600円】【甘露醤油麺 650円】【カレー拉麺 800円】【温つけ麺 800円】などの他、【大根ぎょうざ400円】【めはり寿司50円】【いなり寿司50円】など。


東海遠征2日目の1軒目。
予定してなかったお店ですが、現地に着いてから持参したラーメン本をじっくり見たところ、とても惹かれて予定変更で行って来ました♪

「竹燻製麺」・・・600円
 ワンタン…200円&味たまご…100円

出て来たのは、ちょっと変形した味わいのあるドンブリ。トッピングで頼んだ具材は別皿で出されます。
スープには、鰹節・鶏がら・昆布・椎茸などを使っているそうですが、メニュー名にもあるように何種類かの竹で燻製したチャーシューの香りと味わいがスープにも移って独特なスープの味わい。ベースがしっかりしてるからこそ楽しめる風味なのかな。
麺は中細の緩い縮れのあるもので、しなやかで伸縮性のあるもの。
具は、チャーシュー・メンマ・ナルト・青ネギ。あられ。チャーシューは2枚入っていて、程好い噛み締め感もあり、噛む毎に燻製の香りが口から鼻に抜けて行きます。
別皿のわんたんはちょっとスープに浸しては食べてって感じで頂きました。餡がジューシーでお肉の旨味がいい感じ。味たまごも黄身に甘味があって美味しい。

訪問日  2008年2月19日