11:00〜20:00
定休日 水
住 所
富山県富山市太田口通り1−1−7
最 寄 駅
富山地方鉄道富山軌道線 西町駅

*大喜 西町本店*

JR富山駅の正面口を出た先にある富山地方鉄道に乗り、「西町」で下車するのが近いようです。

「富山ブラック」と言われるご当地ラーメンのお店。店名は「たいき」と読みます。
50数年前に汗をかく労働者の為の塩分補強として醤油味の濃いラーメンを作ったのが起源で、屋台から始まり路面店を構えることに。
現在では経営者が変わって、市内に5店舗ほど展開している様です。
店内は入って左手前に厨房があり、奥に長い作りになっていて、左右の壁に向うカウンターで20数席ほど。

メニューは【中華そば 小(並) 700円】【中華そば 大 1000円】【中華そば 特大 1400円】【生玉子 50円】とシンプル。


新潟遠征に続き、知り合い達が行くという富山遠征に今回も同行させてもらいました。
こちらは1軒目。

「中華そば小 (並)」・・・700円

メニューが1種類なので7人とも「中華そば 小(並)」を。 初の「富山ブラック」です。

店内には「最初に麺やチャーシュー・メンマなどをスープの中で混ぜて馴染ませてから食べる様に」との案内が。
出て来た一杯は見るからに黒くて濃いお醤油色でレンゲは無し。案内がありましたが、やっぱりちょっとだけスープを先にひと口。うわっ、噂に違わずめちゃくちゃしょっぱくて思わず身震いが^^;
その後は麺や具をスープに馴染ませて・・・
麺は太麺のストレートなもので、固めの茹で加減。量は少なめかな。
具はチャーシュー・メンマ・ネギ。それと粗挽きの黒コショウがかかってます。
メンマも塩っ辛い味付け。チャーシューは、バラの部位かな。スライスしたものや端っこの塊のようなものが結構たくさん入ってます。噛んでいるとお肉の味を感じられる瞬間がちょっとホッとしたりして(笑)
麺と具を食べ終わった後に少しスープを飲んでみましたが、最初のひと口目よりもチャーシューなどの味が加わって、微妙に醤油のしょっぱさ以外の味も感じましたが・・・やっぱりかなりしょっぱかったです(;^_^A
実は最初に3杯同時に出て来て、私の前に置かれたのはスープがなみなみと入ったもの。醤油だれに対してスープが多かったみたいで、他のふたりのよりは若干薄めだったようですが^^;

食べてみて・・・かなりな衝撃を受けましたが、いい経験になりました〜(笑)

訪問日 2009年9月15日