11:00〜21:00(L.o.20:20)
定休日 水

住 所
神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-20-4
最 寄 駅
JR京浜東北線  東神奈川駅

*南京亭*
東神奈川駅の西口に出て、立体歩道橋を正面の右側手前を降りてそのまま50m位直進。線路と垂直に伸びる「横浜上麻生道路道」を左へ曲がって真っ直ぐ。「横浜新道(国道1号)」と交わる「西神奈川」交差点を右へ渡った正面。徒歩3分位。

創業は1970年頃というお店。
横浜が発祥という「サンマーメン」が有名なお店でもあります。
角地という事もあり、出入り口は左右2ヶ所あり、どちらでも大丈夫な様。正面に厨房があり、その前にカウンター席が十数席とテーブル席が1卓。カウンターと厨房の間にはガラス戸で仕切られているで、調理の熱や音や臭いが気になりません。後会計制。

メニューは【ラーメン 650円】【支那竹ラーメン 750円】【青菜そば 900円】【ニラそば 950円】【ねぎそば 950円】【タンメン 950円】【チャーメン 950円】【サンマーメン 950円】【味噌ラーメン 950円】【モヤシそば 1000円】などなどに、【ギョウザ 550円】【チャーハン 900円】【中華丼 1050円】など。


横浜が発祥で、今では神奈川のご当地ラーメンというかソウルフード的となっている「サンマーメン」。 簡単に言うと、もやしや白菜・豚肉などを炒めて餡かけにしたものをラーメンに乗せたというものですが、ソレが食べたくて、今回はこちらへ^^

「サンマーメン」 ・・・950円

座ったカウンター席の目線の上にあるガラス戸が開けられ、フロアー担当の方が目の前まで降ろしてくれて提供。

受け皿が添えられたドンブリに、渕までたっぷりの具やスープが盛られています。
スープのベースはお醤油味で、甘味のあるもの。ゴマ油やコショウがほんのりとするのは、餡かけからかな。
その餡かけの具は、もやし・白菜・ニンジン・ニラ・シイタケ・くわい・豚肉などがたっ〜ぷりで、飾りに絹さやが添えられています。トロミ加減もしっかりとついているので、具材のひとつひとつに餡がぼってりと絡んで熱々。もやしのシャキシャキ感や白菜の甘さ、味の染みたシイタケ、サクサクとしたくわいのなど野菜が美味しく食べられます。
麺は、細麺のストレートなもので、こちらにも餡かけが絡みまくります。

それにしても、かなりなボリュームで食べ応え満点というか、お腹パンパン(笑) 餃子を頼まなくて良かったと思わず安堵です^^;

訪問日 2013年6月22日